PICK UPピックアップ スペシャル

[第94回全国高校サッカー選手権大会]
3回戦 富山第一vs矢板中央 MATCH REPORT

無断転載禁止 [第94回全国高校サッカー選手権大会]<br>3回戦 富山第一vs矢板中央 MATCH REPORT
文・写真/森田将義

2016年1月3日 ニッパツ三ツ沢球技場

富山第一
[得点者]
後半10分 賀田 凌
後半40分+2 柴田 丈一朗
2-1
矢板中央 [得点者]
前半15分 真下 瑞都

「1年から試合に出てきた選手が多く、今年は勝負の年」(高橋健二監督)を迎えた矢板中央高が3回戦で挑んだ相手は、2年前の王者である富山第一高。試合開始と共に後方からサイドに展開し、セットプレーを効率よく獲得すると、強肩の持ち主であるDF真下瑞都のロングスローとMF坪川潤之の正確な左足キックで富山第一を攻略。15分には右CKを真下が頭で合わせて試合を動かした。

先手を獲られた富山一高だったが、選手、監督ともに焦りの色はなし。「ロングボールに苦しんだので、相手のDFにプレッシャーをかけられるように」(大塚一朗監督)とスタートの2トップから、フォーメーションを変え相手の4バックに対し、3人の選手がプレスをかける戦いに舵を切った。策がハマり、高い位置でのボール奪取が機能し始めると共にサイド攻撃も活性化。30分には右サイドに開いてボールを受けたFW坂本裕樹がゴール前にクロス。低く入ったボールはDF星キョーワァンに阻まれたが、こぼれ球をMF賀田凌が狙うなど、攻撃の転機を見出し、前半を終えた。

後半からは矢板中央がエースのFW森本ヒマンを入れて、追加点を狙ったが、「相手が大会2試合目に対し、うちは3試合目。後半は(疲れから)完全に足が止まってしまった。選手交代で流れを変えようと考えてはいたけど、相手の勢いがドンドン出てきて、効果がなかった」(高橋監督)。「今の形を続ければ必ず点は獲れる」とハーフタイムに大塚監督から背中を押された富山第一の勢いが増していく。

すると、50分には坂本が左サイドのスペースに飛び出し、クロスを展開。競り合ったこぼれ球がゴール前でフリーの賀田の下に落ちた。絶好のチャンスを迎えた賀田は、「ボールが転がってきたので、とりあえず思い切り蹴った」。豪快に右足で蹴り込んだボールがゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

富山第一は試合終盤にPK職人のGK久我芳樹を投入し、PK戦を視野に入れた戦いにシフトしたが、アディショナルタイムに再びチャンスが到来。80+4分に右サイドの坂本にボールが入り、ゴール前にクロスを入れると、反対サイドからゴール前に飛び込んだのは「決めるんじゃないかと思っていた」(大塚監督)というFW柴田丈一朗。左足でのボレーシュートがゴールに突き刺さり、2-1でタイムアップを迎えた。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る