PICK UPピックアップ スペシャル

[第94回全国高校サッカー選手権大会]
準々決勝 東福岡vs駒澤大高 MATCH REPORT

無断転載禁止 [第94回全国高校サッカー選手権大会]<br>準々決勝 東福岡vs駒澤大高 MATCH REPORT
文・写真/池田敏明

2016年1月5日 駒沢陸上競技場

東福岡
[得点者]
後半22分 橋本 和征
1-0
駒澤大高

駒沢陸上競技場での準々決勝第1試合には、昨夏のインターハイを制した東福岡が登場。開幕ゲームでの勝利を機に快進撃を続ける駒澤大高と、埼玉スタジアム行きをかけて激突した。両チームともチームカラーは赤。応援団が陣取るバックスタンドが真っ赤に染まり、熱のこもったチャント合戦が繰り広げられる中でキックオフを迎えた。

駒澤大高はDF佐藤瑶大が3回戦で首を負傷したため、これまでFWとして出場してきたキャプテンの深見侑生が「1年生の時に準公式戦みたいな試合で1回やって以来」というセンターバックで出場。彼を中心とした組織的な守備で相手の攻撃を食い止め、カウンターに活路を見いだす作戦だったが、序盤は東福岡の素早いパスワークに翻弄され、押し込まれる場面が続く。しかし熱心なチェイスと体を張ったブロックを続けるうちに東福岡のパスワークに乱れが生じ、15分過ぎからは奪ったボールを素早く前線に飛ばす駒澤大高の戦術が機能。MF竹上有祥やMF矢崎一輝、FW岡部正也が何度もゴールに迫った。

東福岡の守備陣も集中力が切れることはなく、ボールを持って向かってくる相手を複数の選手で囲い込んで侵入経路を遮断し決定機を作らせない。白熱した攻防が続き、スコアレスで前半を折り返す。

後半開始直後、駒澤大高はMF武智悠人、MF菊地雄介と攻撃的なカードを切って得点を狙いに行き、これに呼応するように東福岡もインターハイ得点王のMF藤川虎太朗を投入。彼がインサイドハーフに入り、MF橋本和征を左サイドハーフに回すと、東福岡が徐々にペースを握り始める。

「すべてが怖い。前を向いてボールを持たれると攻める手段がたくさんあって、どこから仕掛けてくるか分からなかった」と駒澤大高の深見が振り返ったように、藤川、橋本に加えてMF中村健人、MF三宅海斗、FW餅山大輝らが素早くパスを回し、両サイドから鋭い攻撃を仕掛けていく。55分には左サイドからのフィードに餅山が抜け出し、相手GKもかわすビッグチャンスを得たが、その後のボールコントロールにまごつく間に深見が戻り、体を張ってブロック。駒澤大高の応援席からは大歓声が沸き上がった。

奮闘を続けた駒澤大高だったが、均衡が崩れたのは62分だった。右サイドから三宅がクロスを上げ、GK鈴木怜が菊地との競り合いを制してパンチングで逃れたものの、舞い上がったボールを橋本がヘディングで押し込み、東福岡が待望の先制点を奪う。失点後も望みを捨てず、最後まで攻め続けた駒澤大高だったが、同点に追いつくことはできず、ついにタイムアップを迎えた。

試合後、東福岡の森重潤也監督は「最後は気力でした。足が動いていなかったですが、勝ちたい気持ちで頑張りました」とこの試合の激闘ぶりを振り返った。夏のインターハイ王者が粘る駒澤大高を振り切り、17年ぶりの準決勝進出を果たした。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る