PICK UPピックアップ スペシャル

[第94回全国高校サッカー選手権大会]
準決勝 國學院久我山vs青森山田 MATCH REPORT

無断転載禁止 [第94回全国高校サッカー選手権大会]<br>準決勝 國學院久我山vs青森山田 MATCH REPORT
文/池田敏明、写真/山口賢二郎

2016年1月9日 埼玉スタジアム2○○2

國學院久我山
[得点者]
前半25分 野村 京平
後半45分+3 戸田 佳佑
2-1
青森山田
[得点者]
前半17分 鳴海 彰人

準決勝第2試合では、第88回大会以来の決勝進出を目指す青森山田(青森)と、チーム初の4強入りで意気上がる國學院久我山(東京A)が対戦した。試合開始からわずか40秒過ぎ、フィードをヘディングでクリアした青森山田のDF北城俊幸の頭が相手のスパイクと接触し、いきなり流血するアクシデントが発生。このシーンに象徴されるように、序盤から両チームの選手が局面、局面で激しくボールを奪い合い、見ごたえのある展開となった。

得意のパスワークで攻め込む國學院久我山に対し、青森山田は堅守速攻で対応。すると17分、DF原山海里のロングスローをDF常田克人がヘッドで流し、ゴール正面に詰めていたFW鳴海彰人がヘディングで押し込み、青森山田が先制に成功する。これで青森山田がペースを掴むかと思われたが、國學院久我山はMF名倉巧、FW澁谷雅也らが巧みなドリブルと細かいパスワークを駆使して反撃に転じる。20分のFW小林和樹のシュートは相手GK廣末陸のファインセーブに遇い、24分にはパスワークから名倉が抜け出したが、ここは常田に体でブロックされる。しかし直後のCKの流れからボールが左サイドの名倉に渡ると、鋭いクロスをファーサイドで待ち受けていた野村京平が頭で合わせ、國學院久我山が同点に追いつく。その後は両チームともいくつかのチャンスを作ったが、ともに追加点は奪えず、1ー1で前半を終える。

青森山田は後半からFW田中優勢を投入し、MF神谷優太をそれまでのインサイドハーフから左サイドMFに回す交代策を実施。これを機に、神谷が起点となって左サイドで素早くパスを回しながら攻め込む場面が目立ち始める。57分にはMF豊島祐希の右サイド深い位置からのクロスが逆サイドまで流れ、神谷が詰めてシュートを狙ったが、これはGK平田周が体でブロック。67分にはショートコーナーで田中からのリターンを受けた神谷が右足で強烈なシュートを放つも、クロスバーを直撃し勝ち越し点はならず。

ここまでは青森山田がペースをつかんでいたが、その後、流れは徐々に國學院久我山へ。69分には右サイドをドリブルで切り込んだFW内桶俊のクロスからMF鈴木遥太郎が、73分には名倉が常田の股を抜く巧妙なドリブルで、いずれも決定機を作り出す。86分には名倉のスルーパスに澁谷が抜け出し、相手GKもかわす絶好機を迎えたが、左足のシュートは枠に飛ばず、再三のチャンスを生かすことができない。

しかし、このままPK戦に突入するかと思われたアディショナルタイムにドラマが待っていた。國學院久我山が得た右からのCKはゴール前で誰も触れず、逆サイドに抜ける。こぼれたボールに反応したDF山本研が左足でボレーシュートを放つと、途中出場のDF戸田圭佑がゴール前で右足インサイドに当ててコースを変え、待望の勝ち越しゴールを奪う。「喜びながらオフサイドを確認して、『ああ、入ったんだ』って。あまり実感がなかったです」という2年生DFのゴールが決勝点となり、國學院久我山が初の決勝進出を果たした。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る