PICK UPピックアップ スペシャル

[第94回全国高校サッカー選手権大会]
決勝 東福岡vs國學院久我山 MATCH REPORT

無断転載禁止 [第94回全国高校サッカー選手権大会]<br>決勝 東福岡vs國學院久我山 MATCH REPORT
文/池田敏明、写真/足立雅史

2016年1月11日 埼玉スタジアム2○○2

東福岡
[得点者]
前半36分 三宅 海斗
後半2分 中村 健人
後半22分 餅山 大輝
後半25分 藤川 虎太朗
後半35分 中村 健人
5-0
國學院久我山

決勝は17年ぶりの優勝を目指す東福岡(福岡)と、快進撃でファイナルまでたどり着いた國學院久我山(東京A)が対戦。両チームの応援席に陣取る生徒たちがウェーブを仕掛け合い、大きな波がスタンドを周回するなど試合前から盛り上がりを見せる中、全国の頂点を目指す最終決戦がいよいよキックオフを迎えた。

序盤は東福岡が丁寧にボールを繋ぎ、慎重な立ち上がりを見せる。そして8分にはFW餅山大輝がスルーパスに抜け出し、13分にはDF児玉慎太郎のパスカットからMF中村健人がロングシュートを狙うなど、早くもゴールに迫っていく。一方の國學院久我山は、ボールを奪っても相手の激しいプレスに遭い、得意のパスワークを繰り出すことができない。しかし徐々に慣れてくると、18分には左サイドでボールをキープしたFW澁谷雅也からFW小林和樹、中央で待ち受けるMF名倉巧とつなぎ、右側に流したボールをFW内桶峻が左足でシュート。これは威力がなく、相手GKにキャッチされてしまったが、両軍の選手ともに高い集中を見せ、白熱した展開が続いた。

36分、試合を動かしたのは東福岡だった。左サイドでパスを受けたMF橋本和征から中村、餅山、再び中村、MF藤川虎太朗と素早く繋ぎ、右サイドへと展開。走り込んだMF三宅海斗が左足でニアサイドを抜いた。「最初はファーサイドに蹴ろうと思ったんですけど、GKが大柄だったので脇の下を狙おうと直前に変えました。今日は11日で、自分の背番号も11なので『今日は11日やけ、お前の日やろ』とチームメートからも言われていて、それが現実になった」という三宅の一撃で東福岡がペースを握り、前半をリードして折り返す。

「ハーフタイムに『点を取りに行こう』と話し合っていたんですが、後半開始早々に決められてしまった。自分たちにとって痛い失点だった」と名倉が振り返ったように、後半開始早々の47分、東福岡が鮮やかな追加点を奪った。ペナルティーエリア手前でFKを得ると、相手の壁の前に3人が並んで立ち、キッカーを務める中村とボールの前にも3人が肩を組み、ボールを隠す壁のように立つ。その3人が4歩下がったタイミングで2枚の壁が一斉にしゃがみ、そのコース目がけて中村がキック。國學院久我山は壁に入った選手、GK平田周ともに反応が遅れ、鋭いボールがファーサイドのネットを揺らした。

「インターハイで立正大淞南と対戦した時に相手にやられたFKで、自分たちでもやろうと練習していました。選手権の難しい試合ではこういうプレーも必要になる」と中村が語ったように、持ち前のパワーやスピード、テクニックだけでなく、意外性も発揮して追加点を奪った東福岡はその後、完全にペースを握る。國學院久我山が一矢を報いようと前がかりになったことも影響して次々にチャンスを作り出し、67分に餅山、70分に藤川、そして80分には中村がこの日2点目を挙げ、相手を引き離していった。

5-0という圧倒的なスコアで90分が終わり、ロスタイムの4分も経過して、ついにタイムアップ。「チームを立ち上げた時には不安材料がたくさんあった」(森重潤也監督)という東福岡が、様々な苦難を乗り越えて最後に成長した姿を見せつけ、圧巻の快勝劇で全国の頂点に立った。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る