PICK UPピックアップ footies!' eye team

全国強豪校REPORT
神戸弘陵学園高校(兵庫県/私立)

無断転載禁止 全国強豪校REPORT<br>神戸弘陵学園高校(兵庫県/私立)
文・写真/森田将義

兵庫から拘りを持ったチームを発信
真の強豪入りを目指す一年に挑む

就任10年で復興。今年はU-18年代、最高峰のリーグに挑む

神戸弘陵が選手権でベスト8入りを果たしたのが、1993年のこと。元日本代表MFの故・奥大介さんを輩出し、コンスタントに全国の舞台に立つなど兵庫県で存在を発揮していたが、以降は成績が低迷。部の立て直しが急務となる中、白羽の矢が立ったのはOBである谷純一監督だった。2005年からチームに復帰すると、神戸市の地区予選で敗退する状況から立て直しに成功。昨年、J2群馬でブレークスルーしたMF江坂任(現・J1大宮)を育て、2013年度には13年ぶりに選手権の舞台へと返り咲いた。

以降もチームの躍進は止まらない。続く2014年度は19年ぶりにインターハイ出場を掴むと、昨年度は選手権でベスト16まで進出。プリンスリーグ関西でも優勝を果たし、今年は満を持してU-18年代の最高峰である「プレミアリーグWEST」に挑む。「兵庫から面白いサッカーをしたり、拘りを持ったチームを育てたい」という谷監督の想いは着実に身を結び、存在感は年々、増している。

相手のユニフォームを見て、怯むことなんてない

より注目が高まる今年はFW本庄啓太が「昨年のチームは一人で突破できる選手がいたけど、今年はいない。個人能力がちょっと低い分、チーム全体でカバーしながら全員攻撃、全員守備を心がけたい」と評するように飛びぬけた選手はいない。だが、「今年は上手くて速い選手が多いと思う。昨年のチームをあまりリスペクトしすぎないように、自分たちの学年の良さを出していけば良い。今年の子どもたちは、とても素直で考え方が柔軟。そこに良い色をスタッフで加えていきたい」と谷監督が口にするように、今年ならではの特徴を活かしながら、全国基準のチーム作りを行うつもりだ。

昨年度の王者であるG大阪ユース、インターハイと選手権の2冠を達成した東福岡高を筆頭にプレミアリーグWESTの顔ぶれは格上ばかりだが、神戸弘陵らしさは崩さない。昨年の主力がこぞって卒業したDFラインはまだビルドアップの面で上手く行かない場面も見られるが、ボランチのレギュラーだった新主将のDF谷後滉人をCBにコンバートし、神戸弘陵らしい後方からのポゼッションサッカーで主導権を握った戦いを目指す。一方で、これまでは中央を崩すことに拘ってきたが、今年はサイド攻撃と背後への抜け出しを加えた多彩な仕掛けを目論んでいる。

谷監督はこう話す。「相手の技術が高く、戦術にも長けていて力があるのは分かっているけど、(昨年の)プレミア参入戦でジュビロと対戦しても五分五分の試合が出来た。戦うためには怯まないことが何より大事。『Jのアカデミーには良い選手が多いけど、プロに行くのは1、2人しかいない。他は皆、大学に行くのだからうちとそんなに変わらない。ユニフォームを見て怯むことなんてない』って選手たちに伝えるつもり」。初の大舞台で結果を残し、真の強豪入りできるか目が離せない一年となりそうだ。

兵庫から拘りを持ったチームを発信真の強豪入りを目指す一年に挑む-神戸弘陵学園高校-

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る