PICK UPピックアップ スペシャル

卒業生からのメッセージ
三宅海斗(東福岡高校)

無断転載禁止 卒業生からのメッセージ<br>三宅海斗(東福岡高校)

「嬉しい」気持ちより「感謝」という気持ち

「高校サッカー」を通して“今”という1秒1秒の大切さを教えてくれた三年間でした。自分を見つめ、自分を知り、仲間のために走り、チームのために戦う。改めてサッカーの素晴らしさを学びました。選手権決勝の終了のホイッスルが鳴ったとき、「嬉しい」という気持ちより「感謝」という言葉が最初に浮かび、人として“心”の部分も成長したんだと実感しました。

「絶対に見返す」という反骨心が意識を変えた

「高校サッカー」での一番の思い出は、夏のインターハイ優勝!
弱いと言われ続け、勝つために自分たちに何が必要なのか選手同士で話し合い、「絶対に見返す」という反骨心が一人一人の意識を変えました。その中での「日本一」は自分たちにとって特別なモノでした。

後輩たちへメッセージ

結果として夏冬二冠、プレミアWEST2位という結果でしたが、高校三年間で一度も楽だった日はありませんでした。練習が早く終わっても、自分のために自主練を満足するまでやりましたし、一日一日が成長できる大切な瞬間だと思って過ごしてきました。だからこそ、この結果だったと思います。今の自分に満足せず、「未来のための今」だと思って日々頑張ってください。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る