PICK UPピックアップ footies!' eye player

高橋謙太郎(星稜高校2年/GK)
存在感はまるで “ピッチ内の監督”クロス対応と声に磨きをかけ、悔いのない一年を目指す

無断転載禁止 高橋謙太郎(星稜高校2年/GK)<br>存在感はまるで “ピッチ内の監督”クロス対応と声に磨きをかけ、悔いのない一年を目指す
文・写真/森田将義

存在感はまるで、“ピッチ内の監督”
クロス対応と声に磨きをかけ、悔いのない一年を目指す

飛躍を遂げた一年であると共に、最後には悔しさも

「良い声を出すから、ピッチ内の監督みたいなもんだね。」日本代表MF本田圭佑を筆頭に数多くのプロ選手を輩出してきた星稜高校の河﨑護監督がそう評し、信頼を寄せるのが守護神の高橋謙太郎(2年)。最後尾で発揮する抜群の存在感に、より磨きをかける一年がスタートした。

昨年のスタート次は、2014年に選手権を制した際の守護神である坂口璃久が鎮座していた。周囲からは「試合に出られないだろう」という声もあったが、選手権後に坂口が負傷すると以降は高橋に出番が回ってきた。持ち味である積極的なコーチングを全面に出し、坂口と違った色を出すことで守備を引き締め、インターハイ予選と選手権予選を突破する立役者となったが、最大のターゲットである選手権では、坂口に定位置を奪われ、1試合も出場できず。坂口が日本高校選抜にも選ばれる姿を目にし、「本当はあそこに俺がいるはずだったのに…」という思いが強かったという。「(冬までの活躍によって)名前を全国的に売れることができたと思うけど、最後の締めが悪かった。選手権は1年の時も、2年の時もベンチで見ていただけで終わったので、悔しかった」。

高橋謙太郎(星稜高校2年/GK)

目指すはクロス対応の成長。声出しは更に進化

キャプテンを託された今年は、高校生活と選手権で悔いが残らない結末を迎えるべく、また新たな一歩を踏み出した。「昨年、選手権に出られなかったのは璃久クンに比べて、クロスへの対応が劣っていたから。自分に足りない物があったから選手権でゴールを任せてもらえなかったと思うので、今年に入ってからは、ずっとクロスに特化してトレーニングをしてきた」と自分に足りない物を補う作業を続けているという。大事にしているのは“勇気”。177cmという身長は決してGKとして大柄ではないため、「デカい相手に対しても、ビビらず飛び出していく姿勢」を実際の試合から磨き続けている。

もちろん、持ち味である90分間絶えない積極的なコーチングも健在だ。ただ、違うのはメンタル面と声かけの質。今年は下級生主体で挑むことが多い守備陣を支えるべく、「昨年も今年もこの時期は下級生が上のチームに上がってくる時期。今年は、僕が3年生なので、下級生たちの尻を叩いていかないといけない」と守備対応を教えながら、ハッパをかける。また、昨年はDFラインをまとめるコーチングが主体だったが、主将を託された今年はチーム全体への気配りも必要で、ピッチを一番見渡せる最後尾だからこそ気付ける修正点を全体に対し事細かに伝えるだけでなく、「点が決まらず、FWがイライラしてきたら、『熱くなりすぎるなよ』って声をかけたりする」という。

「今年はインターハイと選手権で昨年よりも良い結果を残していきたい」。そう意気込むだけの準備は着実に進んでいる。更に存在感を増すことができれば、自ずと悔いのない結末も迎えられるはずだ。

高橋謙太郎(星稜高校2年/GK)
Photo:Masanori Morita
高橋謙太郎 TAKAHASHI KENTARO 星稜高校2年/GK
1998年8月10日生まれ 177cm/65kg 富山県出身
中学時代は現在のチームメイトであるFW窪田翔と共にSQUARE富山FCでプレーし、ナショナルトレセンU-14も経験。3年次には、高円宮杯U-15でベスト8入りを果たす立役者となった。星稜高校入学後に進んでからも注目度は変わらず。1年次に早速、選手権のメンバー入りを果たし、日本一のメンバーの一員となった。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る