PICK UPピックアップ footies!' eye player

馬場拓哉(前橋育英高校3年/FW)
理想像はスアレス 育英を勝たせる選手への成長を誓う

無断転載禁止 馬場拓哉(前橋育英高校3年/FW)<br>理想像はスアレス 育英を勝たせる選手への成長を誓う
文・写真/森田将義

理想像はスアレス
育英を勝たせる選手への成長を誓う

ポストプレイヤーへの変身を遂げた昨年

元日本代表のMF細貝萌を筆頭に数多くのプロ選手を輩出する前橋育英高。一昨年の選手権で準優勝を果たす名門校の前線に君臨するのがFW馬場拓哉(3年)だ。

182cm、70kgという恵まれた肉体が目を惹くため、生粋のポストプレイヤーとして見られることが多いが、横浜F・マリノスジュニアユースに所属していた中学時代は「ゴリゴリとドリブルで行く選手」(馬場)で、入学当初は空中戦に弱く、前線でボールをおさめることができなかった。だが、2歳年上のMF鈴木徳真ら先輩たちの姿を目にしたことで、「お菓子をたくさん食べたり中学時代は、私生活がめちゃくちゃだったけど、高校に入ってからは私生活とサッカーが直結すると感じるようになった」と意識が変化したことで、動きと身体に変化が生まれ始めた。

そして、転機が訪れたのは、高校2年生だった昨年。山田耕介監督から、「しっかりポストプレーをできるようになれ」と指令を受けて、試行錯誤を繰り返しながら、前線で起点となる動きを身につけた。徐々にAチームでの出場機会が増えると、プリンスリーグ関東では後にジュビロ磐田へと進んだ桐光学園高のFW小川航基と対戦。「前でボールをおさめるし、キャプテンで皆をまとめながら、点を獲る力が凄かった」。また、選手権の2回戦では途中出場で、大津高のDF野田裕喜(現・ガンバ大阪)とマッチアップ。試合終了間際に決勝点を叩き込み、「競り合いとか迫力とかがプロに行く選手だけあって、まったく違ったけど、野田選手とやれたのだから、自信を持ってどんな奴ともやってやろうと思えるようになりました。昨年はプロに行く選手を間近に見られて、良い所を盗んで近づきたいと思えた一年でした」と振り返る。

馬場拓哉(前橋育英高校3年/FW)

育英を勝たせるストライカーに

理想として挙げるのは大きくて動けるバルセロナのFWスアレス。「チームメイトの(飯島)陸とか小さくて動けるので、羨ましい」と口にするように理想形にはまだほど遠い。山田監督が「小川と比べるとまだまだ物足りない」とダメ出しするように、ゴール前での決定力にも向上の余地を残す。「PA付近で仕掛けてからのシュートが物足りない。ステップとかボールワークができていないので、もっと練習して決め切る力を身につけたい」とラストイヤーは更に成長した姿を全国に見せつけるつもりだ。

「昨年の選手権に出させてもらって、点をとれたのは良かったけど、最後ベスト8で負けた試合は自分が決めていれば勝てた試合だった。今年は自分が点を獲って、育英を勝たせることを意識している」。そう口にするように、悲願の日本一を掴むためには彼には更なる成長が欠かせない。

馬場拓哉(前橋育英高校3年/FW)
Photo:Masanori Morita
馬場拓哉 BABA TAKUYA 前橋育英高校3年/FW
1998年4月25日生まれ 182cm/70kg 神奈川県出身
中学時代は横浜F・マリノスジュニアユースに所属。ユースへの昇格を果たせず、コーチの勧めもあり、前橋育英高校へと進んだ。入学後は、1年次に群馬県の国体選抜入り。昨年は選手権のメンバーに入り、スーパーサブの座を掴むと、2得点をマークした。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る