PICK UPピックアップ footies!' eye team

全国強豪校REPORT
立正大淞南高校(島根県/私立)

無断転載禁止 全国強豪校REPORT<br>立正大淞南高校(島根県/私立)
文・写真/森田将義

チーム力がより問われる一年
史上最弱からの脱却を目指す

不安要素だらけのスタート

昨年はインターハイで3位入賞し、山陰の雄としての存在感を全国に示した立正大淞南高だが、今年は南健司監督が「史上最弱やね。物足りない部分が多い」と苦笑いするように、現時点での評価は高くない。指揮官がまず指摘するのが、攻守の切り替えの速さ。縦に速いサッカーを標榜し、毎年「切り替えゼロ秒」をテーマに掲げるが、「ボールを失ってから反応するまで、2秒かかっている」と目指す姿からは程遠い。

加えて、個の力にも不安要素がある。主将のDF澤田拓実が「個人として足が速かったり、強かったり、上手い選手はいない」と口にするように昨年、苦しい状況を個で打開したMF上村大悟、FW井上直輝(ともに、びわこ成蹊スポーツ大に進学)のような選手はいない。抜群の左足キックを持つ選手や、歴代でも屈指の速さを持つ選手など一芸を持った選手は多く揃うが、南監督は「一芸はあるけど、二芸目がない。縦に蹴って走れる選手がいれば、中に切れ込んだり、一芸さえあれば、二芸できるはずなのにできない。例えるなら、今は学校の文化祭レベルの手品。もう1ランク上げなければ見破られてしまう」と評する。

チーム力がより問われる一年-立正大淞南高校-

チームとしての力が問われる一年に

新チームが立ち上がってからは怪我人が頻繁に出ているため、ベストメンバーが揃っての試合もままならない。2月に行われた県の新人戦こそ優勝できたが、県外のチームとの対戦では思うように結果が出ず、「課題だらけなので、自分たちの代を良いと思ったことがない」(澤田)。ただ、「コーチ陣を見返してやろうと選手同士で話をしている」と続けるように、このままで終わるつもりはない。足りない部分を補うために、「昨年以上に全員で守備をして、全員で攻撃をしないといけない」(澤田)とミーティングを繰り返すことで、例年以上のチーム力を身につけようとしている。鍵となるのは、「チャンスに対してシュートを決め切る力はある」と南監督が評する梅木翼と泉勇也の2トップをいかに活かすか。チーム全体が攻守の切り替えを速くし、2人になるべく高い位置でボールを預けることができれば勝機が広がるはずだ。

「冬に誰が出ているか分からない」。南監督の言葉通り、今、試合に出ている選手もこのままスタメンに出続けるとは限らない。組織的な戦いを整備しつつ、いかに選手間競争を激化させ個人として成長できるかかが今年を大きく左右する。加えて、「出る人が120%の力を出すのは当然だけど、出ていない選手もその立場で何ができるかもより大事」と澤田が口にするように、立正大淞南のらしさである控え部員の応援を含めて、例年以上にチームとしての力が試される一年であることは間違いない。

チーム力がより問われる一年-立正大淞南高校-

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る