PICK UPピックアップ footies!' eye player

高橋壱晟(青森山田高校3年/MF)
芽生えた得点意識を磨き先人たちとは違う10番像を作る

無断転載禁止 高橋壱晟(青森山田高校3年/MF)<br>芽生えた得点意識を磨き先人たちとは違う10番像を作る
文・写真/森田将義

芽生えた得点意識を磨き
先人たちとは違う10番像を作る

上を目指すために得点意識が向上

口下手で、照れ屋な東北人の気質らしく、決して口は多くない。だが、「チームとしてプレミア、インターハイ、選手権の3冠を目指していきたい」と静かに闘志を燃やすのが、青森山田高校のMF高橋壱晟(3年)だ。

小学校時代から地元では知られた選手で、附属校でプレーしていた中学時代には世代別代表にも選出された。高校に進んでからも期待値は高く、初年度からBチームの10番を背負って、プリンスリーグ東北で出場機会を重ねた。当時からパスセンスに関しては、強豪・青森山田の中でも群を抜いていたが、足りない部分も明確で、「これまではボールを捌いて、終わりの選手だった。ずっと得点への欲がないと黒田剛監督から言われてきた」(高橋)。

変化の兆しが見えたのは2年目を迎えた昨年に入ってから。「得点できる選手が上に登っていける」と組み立てでだけでなく、どん欲にゴールを狙い始めた。周りにボールを預けて終わりだったこれまでとは変わって、サイドからのクロスに対して、ゴール前に飛び込む。バイタルエリアでは積極的にシュートを狙う。意識変化に伴い、年間の得点とアシストの数が倍以上になりながらも、当初は思うようにチームの結果へと繋がらなかったが、意識改革は選手権で実り、4得点を奪って、チームのベスト4進出に貢献した。今年は「より、『自分が獲らないといけない』という意識が強い」と更なる得点力アップを狙っている。

高橋壱晟(青森山田高校3年/MF)

プレーで引っ張っていきたい

最終学年を迎えた今年はチーム内での重要度が更に増している。ただ、「昨年と比べて、チームを引っ張れる存在がいない。自分もそういうのを求めていかんとダメ。あまりしゃべるのは得意じゃないので、自分はプレーで引っ張っていきたい。チームが苦しい時にたくさん走ったり、守備をしてチームを引っ張っていきたい」と口にするようにあくまでも自然体で、高橋らしく中心選手としての役割をまっとうする。

また、今年はチームのエースナンバーである背番号10を背負う。これまでに日本代表の柴崎岳や、湘南ベルマーレへと進んだ神谷優太が背負った偉大な番号で、「注目されるので、今まで以上のプレーをしなければいけない」。だが、先輩たちの背中を追いかけるのではなく、「今までの10番は凄い選手ばかりだけど、岳さんや神谷さんは個人でも打開できる選手だけど、僕は違うので、あまり気負い過ぎずにやりたい。いずれそうなれれば良いけど、まずはチームのことを考えて、チームのためにプレーしたい」と新たな10番像を作るつもりだ。

高橋壱晟(青森山田高校3年/MF)
Photo:Masayoshi Morita
高橋壱晟 TAKAHASHI ISSEI 青森山田高校3年/MF
1998年4月20日生まれ 178cm/70kg 青森県出身
中学時代から青森山田でプレーし、中学1年次にはU-13日本選抜に選出。以降もコンスタントに世代別プレーヤーに選ばれるなど期待を集めた。高校入学後もコンスタントに出場機会を掴み、1年目はプリンスリーグ東北に挑むBチームの主力としてプレー。2年目を迎えた昨年は背番号7を背負い、Aチームの定位置を掴んだ。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る