PICK UPピックアップ footies!' eye team

全国強豪校REPORT
四日市中央工業高校(三重県/公立)

無断転載禁止 全国強豪校REPORT<br>四日市中央工業高校(三重県/公立)
文・写真/森田将義

「上手さはないけど、頑張れる選手が多い」代が
マイナススタートからの上昇を目指す

「上手さはないけど、頑張れる選手が」多い今年の四中工

サンフレッチェ広島へと進んだMF森島司を筆頭に昨年の主力がこぞって、卒業。1からのチーム作りを行う今年の四日市中央工業高校について、樋口士郎監督は「上手さはないけど、頑張る選手が多い」と評する。

加えて、ジュビロ磐田U-18に挑んだプリンスリーグ東海の開幕戦でスタメンを務めた3年生は主将のMF奥川敬太ら中盤の4人のみ。守備ブロックとFWは下級生がポジションを掴んだように、例年以上に若いチームでもある。現時点での経験不足は明らかで、2月に県の新人戦を制したものの、以降は思うように白星が掴めず、プリンスリーグ東海でも連敗スタートを切るなど苦しい戦いが続いている。

苦境を脱するためのキーマンとして挙がるのは「どこに行っても、また、他のチームのメンバーと比べても、抜けているように思う。森島と同じような感覚を持っているし、ドリブルでも行ける」と指揮官が一目置くMF寺尾憲祐。これまでは子どもな性格が見え隠れし、コンスタントに活躍できなかったが、副キャプテンを任された今年は「昨年の選手権で負けてから、『自分がやらなきゃ』という自覚が出てきて、顔つきが変わってきた。これまでと違って、凄くハードワークできるようになった」(樋口監督)と変化が見られる。本人も「一個上の先輩は皆、上手かった。僕らはゼロからではなく、マイナスからのスタートというイメージでスタートしている。昨年よりも倍の量且つ質の高い練習をしないと、昨年を超えることができない。皆、積極的に声を出して、雰囲気良く集中しようとなっている」と口にするように中心人物としての自覚が出てきたことは今後、チームにとってプラスに働くはずだ。

マイナススタートからの上昇を目指す-四中工-

期待のブレイク候補生たちの成長に注目

経験こそ少ないが、期待される選手が多いのも今年の特徴だ。「一年目から、かなりやれるはず」と樋口監督期待を寄せ、入学直後からスタメンの座を手にしたDF山本龍平、GK伊藤龍世のルーキーコンビや、「大きくて速い。点取り屋としての素質はあると思う」というFW亀田哲汰を始め、ブレーク候補生は少なくない。スタートに出遅れはしたものの、3年生たちもこのままでは終わるはずがなく、虎視眈々とポジション奪取を狙っている。「高校生はちょっととしたきっかけでガラっと良くなる。それが高校サッカーの楽しみ」と口にする樋口監督は、「キャプテン、副キャプテンが引っ張っていってくれるようになれば、今年も面白くなると思う」と選手たちの変身を期待している。マイナススタートから右肩上がりの曲線を描けるか。今年は選手、チームとしての成長が楽しみな一年と言えそうだ。

マイナススタートからの上昇を目指す-四中工-

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る