PICK UPピックアップ footies!' eye player

金 昇毅(岡山県作陽高校3年/DF)
跳ね返しに自信あり 存在感を増す要注目CB

無断転載禁止 金 昇毅(岡山県作陽高校3年/DF)<br>跳ね返しに自信あり 存在感を増す要注目CB
文・写真/森田将義

跳ね返しに自信あり
存在感を増す要注目CB

武器は「誰にも負けない」ヘディング

高校年代ではひと際目を惹く高さを持ち、競り合いで負けることはほとんどない。今年に入って、プロのスカウトから注目度が増しているのが作陽高校のDF金昇毅(3年)だ。

小学校時代はコンスタントにゴールを奪う点取り屋だったが、5年生の時に調子を落とし、「一回、CBをやってみないか。後ろを経験すれば、FWの意識も変わるはず」と監督から声をかけられたのを機に、CBが定位置に。プレーを重ねるうちに、「1対1で勝った時の喜びや無失点で試合を終えた時にやりがいを感じる」と守備の楽しみを見つけた。武器は「誰にも負けない」と胸を張るように、185cmの高さを活かした跳ね返し。大型の選手ではあるが、50mの速さも6秒4と一定以上の水準を誇るのも魅力と言える。

岡山県の街クラブ「サウーディFC」で中学3年間を過ごした後に選んだのは、作陽高校。「強いチームでやりたくて、岡山県でずっとインターハイも選手権も出ていた作陽を選んだ。それに、野村(雅之)先生の下でサッカーがしたいという気持ちもあった」ことから、テクニックと戦術に自信がある選手が集う技巧派集団の一員に。「最初はどんな上手い奴がいるのか不安もあったけど、その中でも絶対にやっていこうという強い気持ちがあった」とこれまでを振り返る。

金 昇毅(作陽高校3年/DF)

今年はエース不在の作陽を引っ張る存在に

ポゼッションを重視する作陽では、CBもただ跳ね返すだけではなく、きちんとボールを繋ぐプレーが求められる。「試合中も相手をどうパスで抜いていくかを考えたり、どう前線の選手を動かすなど、今まで以上に考えることが増えて頭を使う」。作陽で2年間を過ごし、足元の技術も「人並くらいにはなってきたと思う」と口にするように、昨年からレギュラー争いに絡んだものの「メンツ的には強いメンバーだったと思うけど、インターハイ予選や選手権予選の時だけしか頑張れなかったと思う。普段からしっかり意識して練習しなければいけないと感じた」と全国の舞台には立てなかった。

「あの人にボールを出せば、ゲームが成り立っていた。本当に上手かったので、練習でも1対1は本当に嫌でした」と評するMF伊藤涼太郎(現・浦和)が卒業したため、今年の作陽には絶対的なエースはいない。「ずば抜けて上手い選手がいないので、一人ひとりが頑張らないといけない。皆の意識を高めながら試合に挑むために、皆で話し合ったり、試合を動かすことを意識している」と話すように、ピッチを見渡すことができる金への重要度はこれまで以上であることは確かだ。

金 昇毅(作陽高校3年/DF)
Photo:Masayoshi Morita
金昇毅 KIM SUNGWI 岡山県作陽高校3年/DF
1998年9月16日生まれ 185cm、77kg 福岡県出身。
高さを活かした競り合いが光る大型CB。中学時代はサウーディFC所属。小中学校時代は県トレセン止まりで、高校に入ってからも全国大会の出場を果たせておらず全国的な知名度は低いが、将来性の高さからプロから注目を集めている。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る