PICK UPピックアップ スペシャル

VISARO FURON TECH MOVIE
メイキングリポート~撮影現場に潜入!~

無断転載禁止 VISARO FURON TECH MOVIE<br>メイキングリポート~撮影現場に潜入!~
取材・文/池田敏明
写真/野口岳彦
「GAME OVER(きめろ)」をコンセプトとするニューバランスのスパイク『FURON』からHGモデルが登場。
府中東高校での試し履きイベント、そしてプロモーションビデオ撮影の様子をリポートする。

撮影クルーを前に緊張の表情

府中東高校
撮影の舞台となった府中東高校
6月10日午後、東京都立府中東高校の敷地内に1台のワンボックスカーが滑り込み、10人ほどのスタッフが見慣れない機材を積み下ろしてセッティングし始めた。別のトラックからは、ニューバランスの真新しいスパイクが次々に運び出されていく。
この日、府中東高校で行われたのは、ニューバランスのスパイク『FURON』と『VISARO』HGモデルの試し履きイベント。その様子を撮影してプロモーションビデオを制作すべく、撮影クルーが準備を進めていたのだ。授業が終わり、グラウンドに集まってきたサッカー部員たちは、事前に内容を知らされていたものの、やや緊張気味の表情を見せている。サッカー部以外の生徒たちも「何? 何の撮影?」と興味津々の様子だ。
試し履きイベントと撮影に参加したのは、2、3年生の部員たち。ニューバランス関係者、そして撮影スタッフからの説明を受けた後、それぞれがスパイクを吟味していく。デザイン、素材、軽さ。判断基準は人それぞれだ。「2E」と「D」の2種類のウィズがあるため、みな慎重に選んでいく。
府中東高校

カメラを気にしつつ全力プレー

真新しいスパイクの感触を確かめつつ、いよいよ練習がスタート。「いつもどおりな」という本宿博史監督の指示を受け、選手たちはウォーミングアップからシュート練習、球際の激しさを磨くトレーニング、パスゲームとメニューをこなしていく。
そのすぐそばで、複数台のカメラが様々な角度から選手たちの一挙手一投足を追い続ける。撮影時の手ぶれを抑える「スタビライザ ー」と呼ばれる機器を装着した本格的な機材による撮影に、選手たちは多少、カメラを気にしながらも、普段どおりの練習を続ける。
最後は 11人対11 人のミニゲ ームを実施。もちろん撮影クルーはピッチの中に入り、ボールを蹴り合う選手たちの間近まで迫って臨場感あふれる映像を押さえていく。ボールを蹴る足元の動きを捉えるべく、アクションカメラを胸部に取り付けてのプレーに協力してくれた選手もいた。
太陽が西に傾き、夕日に照らされた黄金色の土煙が舞う中でゲーム終了のホイッスルが鳴らされ、試し履きイベントと撮影も無事に終了。選手、コーチングスタッフ、ニューバランス関係者、そして撮影クルー、全員で記念撮影をし、府中東高校サッカー部の“特別な一日”は幕を下ろした。
泉 亮央
泉 亮央(3年/FW) 「あそこまで近くにカメラがいると、何か気にしちゃいますよね。正直、カッコつけちゃいました(笑)」
本宿博史 監督
本宿博史監督 「都立高校の高校生がスパイクをモニターで履かせてもらい、そこにカメラが来るなんていうのは滅多にない機会。選手たちには一生に一度あるかないかのチャンスだと思うので、感謝しています。ニューバランスさんには、我々のようなグラスルーツの部分を今後も大事にしていっていただきたいですね」

PLAYER’S VOICE

原木俊哉
原木俊哉(3年/FW)
使用したスパイク:FURON PRO HG
「派手だけどカッコいいし、軽くて足にフィットする感じでした。走る時にグラウンドに刺さる感じもよかったですし、ターンもしやすかった。こんな撮影をするなんて、今日まで知らなかったです(笑)。完成したら中学時代の友人たちに見てもらいたいですね」
金子悠斗
金子悠斗(3年/MF)
使用したスパイク:VISARO PRO HG
「普段履いているスパイクと比べて、軽くてボール扱いがしやすか った。トラップや切り返しの時の細かいタッチがしやすかったです。撮影は緊張しました(笑)。普段、あまり録られたことがないし、慣れていないんで。完成したら両親に見てもらいたいです」
撮影したMOVIEは、ニューバランス フットボールのWEBサイトでチェック!

『FURON』のHGモデル、ついに登場!

FURON

「GAME OVER(きめろ)」をコンセプトとするスパイク『FURON』は、ゴールゲ ッターが持ち合わせる“furious(狂暴さ・猛烈さ)”な攻撃性と“newtrons(中性子)”から連想される爆発的なアタッキングの複合が名前の由来。アッパーの素材にはTPU含浸メッシュを採用。TPUシートをメッシュに含浸させることによって耐久性を高め、軽量かつフィット感の良いアッパーを実現させた。履き口は陸上用のスパイクからインスパイアされた、ニューバランスにしかできないデザイン。履き口の高さを低くして足首の稼動域を確保するとともに、成型したフォームを履き口周りに使用し、履いた瞬間から最高のフィット感と履き心地を提供する。アウトソールには爆発的な加速力を実現させる三角形スタッドを搭載。瞬間的な動きにもしっかりグリップを発揮し、前向きに力強く推進させてくれる。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る