PICK UPピックアップ footies!' eye player

We're Rookies! ~1年生たちの挑戦~
二階堂正哉(青森山田高校)

無断転載禁止 We're Rookies! ~1年生たちの挑戦~<br>二階堂正哉(青森山田高校)

個のプレー、そして組織としての動きを学んでいます

今年から「出場機会が少ない選手に全国規模で戦える場を提供すること」をテーマに創設されたニューバランス チャンピオンシップ。全国屈指の強豪32校が参加したU-16初代チャンピオンに輝いた青森山田高校。チームを後方から支え優勝に貢献した二階堂正哉選手に「高校サッカー」に懸ける思いを聞いた。

二階堂正哉_青森山田
二階堂正哉(1年/DF)

出身中学:青森山田中学校
プレーの特徴:対人プレー、空中戦の強さ

小学校6年からの目標が「高校選手権制覇!」

――高校進学のときに青森山田高校を選んだ理由を教えてください。

「青森山田高校サッカー部に入った理由は、全国高校サッカー選手権での先輩たちの活躍に刺激を受けたことです。『選手権で全国優勝がしたいな』って、小学校6年生の頃から選手権制覇を意識して、出身の宮城県から青森山田中学校に進学しました。」

――得意なプレーであったり、持ち味は?

「自分の持ち味は、対人の強さにあると思っています。空中戦にも自信を持っています。常にタイミングを意識していて、セットプレーからの得点も自分の持ち味です。高校に入学してからも通用すると思いましたし、自信になっています。技術面の部分では、まだまだですが…」

――サッカー以外での普段の高校生活はどうですか?

「青森山田高校の部員たちはサッカーに対する高い意識はもちろんですが、私生活での生活姿勢もみんなしっかりしていると感じました。今は寮生活をしていますが、サッカー以外の面でも、普段の挨拶であったり、高校生として当たり前のことをしっかりやるように意識しています」

高校サッカーは個だけでなく組織としての動きが必要

――中学サッカーと比較して、感じた違いはありますか?

「中学の頃と比べると高校サッカーはスピードだったり、フィジカルが全然違います。中学の頃は、個の力で対応できることが多かったですが、高校では組織として動かないと対応できない場面が増えてきました。トップチームの先輩たちはやっぱり自分たちより多くの部分で上回っているので、目標にしています。僕はポジションがCBなので、声の出し方やポジショニング、カバーリングなど先輩から学ぶことが多いです」

――先輩からアドバイスをもらうことはありますか?

「アドバイスもしてもらえますが、『高円宮杯U-18 プレミアリーグEAST』を間近で見れることが大きいです。強豪相手なのでそれをみていつも勉強しています。早くあの場に立ちたいので、カラダづくりであったり、食事も筋トレも、練習での取り組みは常に将来を意識してやっています。早くトップチームでスタメンを取って、試合で勝利に貢献したいです。その先の全国優勝を果たせるように頑張ります!」

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る