PICK UPピックアップ footies!' eye player

We're Rookies! ~1年生たちの挑戦~
井本寛次(東福岡高校)

無断転載禁止 We're Rookies! ~1年生たちの挑戦~<br>井本寛次(東福岡高校)

憧れの先輩のように

今年から「出場機会が少ない選手に全国規模で戦える場を提供すること」をテーマに創設されたニューバランス チャンピオンシップ。全国屈指の強豪32校の一年生プレーヤーたちが、今の自分たちの実力を試すべくしのぎを削った。「ヒガシのプライド」を胸に得意のドリブルで果敢にゴールに迫りチームを牽引した井本寛次選手に「高校サッカー」に懸ける思いを聞いた。

井本寛次_東福岡
井本寛次(1年/MF)

出身クラブ:サガン鳥栖 U-15唐津
プレーの特徴:ドリブルとスピード

自分のスピードが高校でも通用すると分かった

――東福岡高校を選んだ理由を教えてください。

「全国からレベルの高い選手が集まっていることです。その厳しい環境の中を生き残って、全国高校サッカー選手権やインターハイに出場したいと思って東福岡を選びました」

――入学の前にも練習に参加していましたか?

「怪我をしていて練習自体は一回しか参加していませんが、もともと中学からの先輩の存在もあって東福岡入学は中学1年の時から目標としていました」

――高校でも自分の力が通用すると感じた部分はどこですか?

「ドリブルでスピードが乗ったときに相手をかわすことができた時ですね。自分の得意なプレーが通用するんだ、と感じ自信になりました」

――逆に中学と違って、差を感じたことはなんですか?

「ボールを受ける時に周囲が見えていなくて簡単に失ってしまったり、パスミスをしてしまったり…。雑なプレーをしてしまっているところに、先輩たちとの差を感じました」

――サッカー以外で努力していることはありますか?

「男子校ということもあって、みんな和気あいあいとしています。授業が楽しくて、サッカー以外のことにも積極的に参加しています」

先輩の小田逸稀君のサッカーに対する意識を見習いたい

――高校に入って成長できた部分は?

「先生から“人間の偏差値”を上げろと言われています。つねに周囲を意識して行動したり、思いやりのある行動を少しはできるようになったかと思います(笑)」

――仲の良い先輩や意識している先輩はいますか?

「中学から同じチームだった小田逸稀君(3年)です。小田君の存在がこの高校に進学した理由の一つでもあり、サッカーに対する意識などを見習っていきたいです。いずれは僕もプロになって、小田君と同じ舞台で活躍したいです。寮が一緒なので、サッカーの話とかアドバイスしてもらったり結構しています」

――具体的にどんなアドバイスをもらっていますか?

「自分はメンタルが弱いので『もっと強気に行け』とか『パスを強く出せ』とか、細かく色々言ってくれます。僕にとっては憧れの先輩であり、兄貴のような存在です」

――今後どのように成長していきたいですか?

「早くトップチームに上がれるように、自分の持ち味をどんどん出して監督にアピールして、試合で活躍したいです!」

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る