PICK UPピックアップ footies!' eye player

持井響太(滝川第二高校3年/MF)
選手権での活躍でレジェンドたちに続けるか

無断転載禁止 持井響太(滝川第二高校3年/MF)<br>選手権での活躍でレジェンドたちに続けるか
文・写真/森田将義

タレント性十分なスター候補
選手権での活躍でレジェンドたちに続けるか

1年目から強豪校のスタメンに定着

FW岡崎慎司(レスター・シティ)、FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)といった現役日本代表選手だけでなく、元日本代表で挙げれば、DF加地亮(ファジアーノ岡山)やDF波戸康広(横浜F・マリノスなどでプレー)などを輩出し、2011年に選手権で優勝を果たしたこともある強豪・滝川第二高校OBには名だたる選手がズラリと並ぶ。近年はプロへと進む選手が少ないが、今年のチームにも将来、レジェンドたちの系統に名を連ねる可能性を秘めた選手がいる。それはMF持井響太(3年)だ。

 前任の栫裕保監督に抜擢され、入学1年目からスタメンの座を掴んだ実力者で、最大の特徴は切れ味鋭いドリブル。彼の2年次から指揮を執る松岡徹監督も「攻撃は自由で良い。特に持井はドリブルしたければドリブルをすれば良い」と一目置くほど切れ味鋭い突破で相手DFを翻弄する。ドリブル一辺倒に陥らないのも良さの一つで、相手を引き寄せてからのパスやシュートなど選択肢も豊富。3月には兵庫県選抜の一員として、ホッフェンハイムやライプツィヒと対戦し、屈強なドイツ人選手をきりきり舞いにし、観客の度肝を抜いた。

持井響太(滝川第二高校3年/MF)

期待するが故の厳しい評価

 乗った時のプレーは確実に世代でも屈指。副キャプテンを務める今年は松岡徹監督から「オフェンスリーダーになって、お前が引っ張れ」と直々にハッパをかけられ、期待されてきた。関東の強豪大学からオファーを受けたように、彼を認めるのはチーム関係者だけではない。「2年目は絶対に出られるだろうという慢心があったけど、3年目で自分の代ということで絶対に(選手権に)出なアカンという覚悟があった」と選手権予選でも能力を発揮。迎えた決勝の市立尼崎高校戦では、「最初の一発でビビらせてやろうと思っていた。特に最初の15分は相手にとって怖い選手になろうと考えていた」との意気込み通りサイドを効果的に仕掛けると、後半7分にはチーム3点目となったMF江口颯のゴールをアシストし、勝利に貢献した。

 「インターハイ予選の決勝よりも、選手権県決勝の方がチームとしても個人としても良かった」と自ら評価したように2年ぶりの選手権出場に彼の存在は欠かせなかった。ただ、「うちのOBは『持井が効いていたね』と言ってくれるけど、チームが勝たないといけないという彼のプレッシャーを感じた。1、2年生の時は自由にできたけど、副キャプテンを務める今年はそうはいかない。彼の能力とか今後の可能性を考えると、もっともっとやらないといけない。個人的には予選の出来は物足りなく感じる」と松岡徹監督が辛口のコメントを残したのは、もっとやれる選手だと信じているからだ。高校生活最後となる大舞台で“持井響太”の名を全国に轟かせ、偉大な先輩たちに近づけるか期待したい。

持井響太(滝川第二高校3年/MF)
Photo:Masayoshi Morita
持井響太 MOCHII KYOTA 滝川第二高校3年/MF
1999年1月20日生まれ 167cm/62kg 兵庫県出身
中学時代はイルソーレ小野FCでプレー。選手権での活躍に憧れ進んだ滝川第二高校では1年生からレギュラーに定着し、2014年度大会では試合にも出場。昨年と今年はインターハイにも出場し、個人としても1,2年時に兵庫県国体選抜にも選ばれている。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る