PICK UPピックアップ スペシャル

Aブロック展望
第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー

無断転載禁止 Aブロック展望<br>第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー
文・写真/吉田太郎
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

日本の冬の風物詩「第95回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(金)、いよいよ開幕!
連覇を目指す東福岡、夏のインターハイを制した市立船橋を筆頭に、今年も全国を勝ち抜いた48の強豪校が一堂に会し、雌雄を決する。footies!ではこの高校サッカー最大のビッグイベントを大特集! トーナメントの一山6校を1組とし、A~Hの8つのブロック展望を行っていく。第1回は前年覇者の東福岡、桐光学園、長崎総科大附ら強豪ひしめくAブロックを紹介!

本命・東福岡は揺るがない
ただし桐光vs長崎総科大附の勝者に躍進の予感

最注目はもちろん、連覇を狙う東福岡だ。ただし、夏の全九州高校サッカー競技大会決勝で東福岡を2-0で破っている長崎総科大附、J内定2選手を擁する桐光学園など、王者にとって勝ち抜くのが簡単ではないブロックになっている。

それでも「本命・東福岡」は揺るがない。その陣容はまさに大会屈指だ。まずは15年度の全国準決勝、決勝で2試合連続ゴールを決めているエースの日本高校選抜MF藤川虎太朗(磐田内定)と左SB小田逸稀(鹿島内定)、MF高江麗央(G大阪内定)のJ内定トリオ、日本高校選抜MF鍬先祐弥、CB児玉慎太郎主将という昨年からの主軸。そしてFW藤井一輝、MF福田湧矢ら今年台頭してきた選手たちが融合した今回のチームは、全国2冠を勝ち取った昨年度以上ともいわれる“個”を擁している。激戦区・福岡予選の決勝では負傷明けの藤川が先発を外れたにもかかわらず、スピーディーなパスワークから、サイドを強烈な個と連係で打開。相手のミスを逃さずに決めきる力も見せて6-0で快勝し、県内3冠を達成した。藤川が「もちろん2連覇です」と目標を口にした選手権。インターハイでまさかの初戦敗退を喫し、その悔しさを糧に成長を遂げてきた東福岡が雪辱の念も込めて連覇に挑む。

東福岡

王者への最初の挑戦権を得た東邦は、ガーナ人の父を持つ190cmCBアピアタウィア久、主将のCB小出晴貴、予選で大活躍したGK三輪洸大を中心に、愛知県予選で無失点Vの堅守が特徴だ。またプリンスリーグ東海の後半戦では名門・静岡学園や四日市中央工、藤枝明誠を破るなど夏から大きく成績を上げているだけに、全国初戦で東福岡を苦しめるか。

東邦

インターハイ16強の鹿児島城西はU-17日本代表CB生駒仁やGK泉森涼太らを中心とした堅守が特長。突破力光るMF眞田颯や左足クロスに秀でたMF松本順也ら個性ある攻撃陣が噛み合えば、上位進出のチャンスは十分にある。チームの大黒柱であるMF永吉広大は「まずは初戦突破」と誓った。5年ぶりの全国大会出場となった北陸は、ダイナミックな突破を繰り出す左SB梅田亮祐や司令塔のMF高嶋竜輔、スピードのあるエース三宅勇輝ら中心に堅守攻略を狙う。

鹿児島城西

そしてプリンスリーグ関東2位(12月4日時点)の桐光学園とプリンスリーグ九州を無敗で制した長崎総科大附との一戦は1回戦屈指の注目カードだ。桐光学園は日本高校選抜の左SBタビナス・ジェファーソン主将(川崎F内定)、195cmGK茂木秀(C大阪内定)、日本高校選抜MF鳥海芳樹、FW西川公基、注目の2年生MF田中雄大を擁し、対して長崎総科大附もU-17日本代表FW安藤瑞季や、得点力備えた司令塔・MF薬真寺孝弥主将、快足MF右田翔、MF宇高魁人らともに今大会上位の陣容を揃える。切り替えの速い攻守と素早いパスワークなど連係に優れた桐光学園に対し、長崎総科大附もハードワークと球際の力強さは負けていない。勝者が勢いをつけて躍進を遂げても不思議ではない。

footies!編集部ちょい足し取材メモ

東福岡

史上初の3連覇が注目されたインターハイは先を見すぎた部分もあったか、まさかの初戦敗退。MF鍬先が「みんなに申し訳ないという気持ちが大きかった」という敗戦を無駄にしない。

桐光学園

ポテンシャルはプレミアリーグ勢にも対抗する力があるだけに大一番となった1回戦突破にまずは集中。MF鳥海が「選手権予選からの課題」と指摘する決定力を向上させて全国へ。

鹿児島城西

神村学園との激闘を制して鹿児島3連覇。14年度大会初戦で優勝校の星稜にPK戦で敗れるなど過去2回の全国大会はいずれもPK戦で初戦敗退。それだけにまずは初戦突破に集中する。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る