PICK UPピックアップ スペシャル

Bブロック展望
第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー

無断転載禁止 Bブロック展望<br>第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー
文・写真/吉田太郎
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

日本の冬の風物詩「第95回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(金)、いよいよ開幕!
footies!ではこの高校サッカー最大のビッグイベントを、出場全48校を8ブロックに分けて徹底分析!大会の行方を展望する。今回は、激戦区を突破してきた高校が集うBブロックを紹介する。

サッカー王国代表の藤枝明誠vs大阪王者の東海大仰星
注目の初戦の勝者が8強へ前進か?

“サッカー王国”静岡県代表の藤枝明誠と、200校を越えるチームが参加した大阪府予選の代表校・東海大仰星。激戦区を勝ち抜いてきた両校による注目の初戦。ここを突破したチームが8強へ大きく前進しそうだ。

藤枝明誠

藤枝明誠はプリンスリーグ東海を3位で終え、東海大仰星は16年度の近畿高校選手権優勝校。両校ともに県外の強豪相手にも結果を残している。藤枝明誠は静岡予選MVPのMF丹羽一陽を中心に長短のパスでボールを動かすスタイル。注目エース・FW藤本一輝とFW遠野大弥、そしてFW西澤伸の3トップはいずれもドリブルで打開し、ゴールを奪い取る力を持っており、その攻撃力は全国でも上位だ。「王国復活という目標を持ってやっている」(丹羽)というイレブンが初出場で8強入りした09年度越えの成績を狙う。

一方、夏以降、大阪府1部リーグ、プリンスリーグ関西参入戦を含めて公式戦負け無しの東海大仰星は堅い守りが特長。対応力と対人の強さを兼ね備えたCB玄尚悟やCB吉田純平、GK宮本一郎を中心とした守りから、大阪予選決勝2発のMF見野龍太郎や10番のMF松井修二らアタッカ―陣が鋭いサイド攻撃で相手ゴールを襲う。左SB面矢行斗と右SB大東史明のロングスローなどセットプレーも武器。前回出場した12年度の8強以上へ、松井は「一戦一戦をモノにして勝ちたい」と力を込めた。

富山第一

富山第一は13年度の日本一を見て入学してきた世代。富山県予選決勝ではFW本村比呂を中心とした出足鋭い守りで相手の攻撃を封鎖し、被シュートゼロで優勝した。「自分が引っ張っていかないといけない」と力を込める10番MF久保佳哉主将を軸としたサイド攻撃、また多彩なセットプレーも強み。ベンチにはFW坪井清志郎やFW大竹将吾といった2年生のタレントたちが控えるなど層は厚く、北信越の雄が13年度優勝、15年度8強に続く躍進を遂げる可能性は十分にある。その富山第一と初戦を戦う那覇西は前年度の全国大会で先発した5人を残す。攻撃力に自信を見せる沖縄の伝統校は、サイドからゲームをつくるMF津嘉山海を中心とした細かいパスワークからMF上原牧人やFW東風平朝志が貴重なゴールを狙う。

ともに全国4強の歴史を持つ鹿島学園高川学園の1回戦も興味深い。鹿島学園はFW上田綺世、高川学園にはFW山本駿亮という注目ストライカーがいる。鹿島学園はインターハイで2勝し、青森山田との3回戦では主将のCB塩野清雅を欠きながらもGK木村壮宏を中心とした堅守とサイド攻撃、そして後半25分に4人同時交代する“奇策”などによって青森山田を苦しめるなど自力の高さを示した。一方の高川学園は山口県予選全5試合で4得点以上、計31得点を叩き出している。182cmの大型FWの山本の後方から、冷静なゲームメークを見せるMF小林歩夢やFW伊石祐也、MF長廣洸大らが飛び出してゴールを奪い取る。互いの注目ストライカーの出来も結果に大きく影響しそうだ。

footies!編集部ちょい足し取材メモ

藤枝明誠

静岡県予選では、古豪・浜名、4年前の優勝校・常葉学園橘、名門・静岡学園、プリンスリーグ東海で優勝争いを演じた浜松開誠館という難敵・強敵の続いたトーナメントを勝ち抜いて優勝。攻撃サッカーで王国復活を目指す。

富山第一

大塚一朗監督が「マジメにやる選手が多い」という3年生と「タレントがいる」と評する2年生で構成されるチーム。インターハイでは予選敗退を喫したものの、バランスのいいチームに仕上がってきたチームは3年前の再現を狙う。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る