PICK UPピックアップ スペシャル

Dブロック展望
第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー

無断転載禁止 Dブロック展望<br>第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー
文・写真/吉田太郎
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

「第95回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(金)、いよいよ開幕!
footies!では出場全48校を8ブロックに分けて徹底分析!大会の行方を展望する。今回は、優勝候補の青森山田が属するDブロックを紹介する。

プレミアリーグEAST王者・青森山田が盤石の布陣で全国制覇へ!
四国と北信越の破壊王対決・徳島市立vs帝京長岡の勝者が追随か

青森山田

高校年代最高峰のリーグ戦、プレミアリーグEASTで堂々の首位に輝き、インターハイでもベスト4に入っている青森山田が大本命だ。昨年度の選手権は6年ぶりに4強入りを果たしたが、後半終了間際の失点によって準決勝敗退。千葉内定の10番MF高橋壱晟が「一つの守備だったり、一つの攻撃の怠りでサッカーは決まってしまう」と振り返っていたが、16年度のチームはその敗戦を糧に勝負強いチームになっている。高橋とFC東京内定のU-19日本代表GK廣末陸をはじめ、MF住永翔主将、インターハイ得点王のFW鳴海彰人、MF嵯峨理久と昨年からの主軸5人を残し、左SB三国スティビアエブスや注目の2年生MF郷家友太らが台頭するなど充実の陣容。MF住永が「全国制覇という目標は春先から掲げているので、そこはブレずにやっていきたい」と語る通り、隙を見せず、勝負強くなったチームが優勝候補の一角として全国に臨む。

鵬翔

青森山田と初戦で対戦する鵬翔は全国制覇した12年度以来となる選手権出場。GK原田健次郎、CB宇都宮尊、CB和田廉太郎を中心に鍛え上げられた守りが“選手権復帰”の原動力となった。いずれも個で打開できる力があるFW海老名嵐と元U-15日本代表候補FW宇津元伸弥の2トップを中心とした速攻も武器に再び全国を驚かせるか。

帝京長岡

プリンスリーグ四国でリーグトップの得点力(67得点)を見せた徳島市立とプリンスリーグ北信越18試合で最多67得点を叩き出した帝京長岡が初戦で激突。この打ち合い必至の一戦の勝者が青森山田に続く存在となりそうだ。徳島市立は素早いパスワークから四国ナンバー1のアタッカーであるMF郡紘平、FW山本史弥、MF水田智らがゴールを量産する。対する帝京長岡は注目ドリブラーのFW楜澤健太やMF陶山勇磨、MF安田光希らがテクニカルなスタイルのサッカーを展開。「粘り強さはこれまでを通して築き上げて来た」という実力派GK深谷圭祐中心に、新潟県予選を無失点で勝ち抜いた守備力も発揮して、まずは初戦突破を果たす。

“東北のドリブル軍団”聖和学園と攻撃自慢の初出場校・海星との一戦も攻め合う展開になりそうだ。聖和学園は今年もドリブラーたちが躍動。エースナンバー「14」を背負うMF原科勇我をはじめ、宮城県予選決勝で5人、6人と置き去りにしてゴールを決めたMF藤井僚哉、司令塔・片岡潤也、左SB尾野匡祐らがドリブルとショートコンビネーションで局面を打開し、ゴールへ迫っていく。対する海星の武器はショートカウンター。MF上陰統己主将らが高い位置でボールを奪い、三重県予選17発の2年生ストライカー・三輪翔真や俊足FW水谷恭平らがゴールを強襲する。聖和学園のドリブル攻撃に対応できれば、三重県予選全試合で4得点以上を叩き出している初出場校は、初勝利に近づきそうだ。

footies!編集部ちょい足し取材メモ

青森山田

プレミアリーグでJユース勢を沈めてきたショートカウンターと、MF高橋やMF住永を中心としたパスワークは脅威。完成度の高さを見せる“北の名門”が悲願の初優勝にチャレンジする。

帝京長岡

選手権ではプリンスリーグ北信越で12得点を叩き出した“逸材”中学生MF谷内田哲平が出場できないためにリーグ戦ほどの攻撃力は発揮できないが、それでもFW楜澤中心に全国制覇を目指す。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る