PICK UPピックアップ スペシャル

Hブロック展望
第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー

無断転載禁止 Hブロック展望<br>第95回全国高校サッカー選手権徹底プレビュー
文・写真/吉田太郎
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

「第95回全国高等学校サッカー選手権大会」がいよいよ開幕!footies!ではこの高校サッカー最大のビッグイベントを、出場全48校を8ブロックに分けて徹底分析!大会の行方を展望する。今回はプレビューの掉尾を飾るHブロックを紹介。実力伯仲の興味深い組み合わせになっているぞ。

実力伯仲の6チーム
昨年度全国8強メンバーを半数以上残す駒澤大高が最有力か?

駒澤大高

どこが勝ち上がっても不思議ではない差のない6チーム。昨年度全国8強メンバーを半数以上残す駒澤大高が有力か。GK鈴木怜、右SB高橋勇夢、CBの佐藤瑶大と西田直也、そして左SB村上哲と昨年度の守備ブロックがそのまま健在。その中で西田がボランチへ移行し、代わりに最終ラインを務める1年生CB齋藤我空がその身体能力の高さでまたチームをレベルアップさせているほか、中盤、前線についても大野監督が「嬉しい悩み」と語るほど、差のない競争から起用された選手たちが結果を残している。16年度はインターハイ東京都予選こそ準決勝で関東一に競り負けたものの、関東大会で優勝。ダイナミックな攻守で「全国優勝です」(鈴木)という目標を果たす。

初戦で駒大高と対峙するのは11年ぶりの出場となる高松商。香川県予選準決勝、決勝はいずれも0-0で突入したPK戦を制した。信条は粘り強さと最後まで諦めないプレー。プリンスリーグ四国では愛媛U-18に2度のビハインド追いついて引き分けたほか、徳島ユースに18本のシュートを浴びながらもスコアレスドローに持ち込むなど勝ち点を積み重ねて5位。劣勢の展開になっても主将のMF安西真輝やGK尾崎省吾中心に守って勝利に繋げる。

ルーテル学院

尚志vsルーテル学院山梨学院vs岡山学芸館の初戦も1回戦の注目カードだ。尚志はプリンスリーグ東北で2位の実力派。MF神垣陸のゲームメーク、巧みな切り返しから決定的な仕事をしてのける右SB常盤悠や福島県予選決勝で鮮やかな先制点を決めた10番MF加野赳瑠、福島県予選4戦連発のFW渡部公平ら今年も充実している攻撃タレントたちがゴールを破る。一方、ルーテル学院はプレミアリーグ勢の大津を相手に1-3から追いついてPK戦でGK黒田将司の3連続セーブで破るなど、熊本県予選で勝負強さを発揮してきた。CB島津玲斗主将とFW伊藤連が攻守の柱。伝統の「オールプレス」、球際での非常に厳しいチェック、そして多彩なセットプレーも武器に上位進出を狙う。

もう1試合はプリンスリーグ勢対決だ。山梨学院は司令塔のMF相田勇輝や左足武器のMF雨宮壮、快足アタッカーのFW藤原拓海らのサポートを受けながらパワフルな2年生ストライカー、加藤拓己が貴重なゴールを連発。GK大野郁哉を中心としたディフェンスも安定感が高まっている。厚い選手層も力に連戦を勝ち抜くか。一方、岡山学芸館はプリンスリーグ中国で最多得点を記録(18試合52得点)し、立正大淞南や作陽、瀬戸内などを上回って3位フィニッシュ。2年生の10番MF池平直樹と岡山県予選決勝で鮮やかなオーバーヘッド弾を決めたMF野島奨主将を中心としたパスワークに、MF加藤凛太朗のドリブル、左SB西崎剛司の攻撃参加などのアクセントを加えて初の全国で勝ち上がる。

footies!編集部ちょい足し取材メモ

駒澤大高

初出場だった10年度は開幕戦で大津を破るなど2勝。2回目の出場だった15年度は3勝して準々決勝では優勝校の東福岡を苦しめた。今回、選手たちは昨年越え、そして全国制覇を誓う。

ルーテル学院

熊本県予選決勝では延長戦でトリッキーなFKから右SB江崎巧朗がダイレクトのスルーパス。これで抜け出した島津が決めて決勝点を挙げた。多彩なセットプレーが全国でも対戦相手の脅威となる。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る