PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
高川学園高校(山口県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>高川学園高校(山口県)

試合に出られない選手たちのおかげで選手権に来ることができた

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

みんなで応援のアイデアを出して頑張ってきた

河田真聖

河田真聖(3年)

最後の大会なのでいい思い出になるように、自分たちができることを頑張りたいです。インターハイ前に、少しでもチームのサポートができるようにと自分から立候補し、応援団長をやるようになりました。インターハイの時はまだ応援にまとまりがなくて、完成度も低かったのですが、選手権に向けてチーム一丸で応援練習を増やしてきたので、選手権ではその部分を見せたいと思います。選手入場時に弾幕を下から広げていって、整列する頃にはスタンドに目一杯広がるように演出するとか、書道の上手い人に選手の名前を書いてもらうとか、みんなでいろんなアイデアを出し合ってきました。3年生にとってこれが最後の大会になります。選手たちも、僕たち応援も、悔いがないように最後までやりきりたいと思います。

一丸となって戦えることを嬉しく思います

出羽拓実

出羽拓実(3年)

選手権は小さい頃からの憧れの大会でした。1年生の時に続き、3年生になってもここに来られたことを嬉しく思います。この大舞台で、選手、応援が一丸となって戦えることに喜びを感じています。今回は3年生として、色々と苦労してきたこともあり、1年生の時よりも感慨深いです。選手たちは僕が思っていたほど緊張せずにリラックスしていたので、やってくれると思います。スタンドから声を出して盛り上げていきたいです。

6年通った高川学園。苦しい練習を乗り越えてきた

福嶋恒作

福嶋恒作(3年)

自分の父が高川学園の出身です。サッカーが強いからと、中学から入学して6年間通ってきたことになります。だからこの学校への想いは強いです。今まで苦しい練習を乗り越えてきた仲間と、勝って大きな喜びを分かち合いたいと思います。試合に出る選手がやってくれるのはわかっているので、それを信じて応援するだけです。

仲の良い先輩がたくさんいるからこそ、心から応援したい

鶴丸和幸

鶴丸和幸(2年)

夢の舞台ですね。県予選でメンバーから外れ、なんとか全国のメンバーに入ろうと頑張ってきましたが、応援に回ることになりました。精一杯声を出して、心の底から応援していきたいです。今回で先輩たちは最後の大会になります。僕は中学から高川学園で、本当に仲のいい先輩がたくさんいるので、思いっきり、全てを出し切ってほしいです。

僕たち以上に悔しい思いをした仲間に感謝したい

小林歩夢

小林歩夢(3年)

負けたら終わりの大会だったのですが、それほどプレッシャーは感じませんでした。楽しんだらそれが勝利に近づくかと思っていましたが、結果にはつながりませんでした。チームのためにスタンドからサポートしてくれたメンバーには感謝しています。ピッチに立てなかった悔しさは僕たち以上にあると思うので、その人たちの分も勝利で恩返しがしたかったです。
逆転されて焦ってしまった時は、応援団から「まだ時間があるぞ!」って声をかけてもらって冷静になれなました。夏に勝てない時期があったのですが、試合に出られないメンバーがチームを活気づけてくれたことで、選手権予選を勝ち上がり、ここまで来ることができました。みんなには心から感謝したいです。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る