PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
藤枝明誠高校(静岡県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>藤枝明誠高校(静岡県)

明誠を作り上げてきた人たち全てが、仲間を一番に考えてきました

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

個人ではなくチームとして苦難を乗り越えてきた

服部洲

服部洲(3年)

選手権は小学校から夢見ていた舞台なので、特別な場所です。だからこの場に立てたことがまず嬉しいです。ずっと明誠は仲間を大事にしてきて、先輩であったり、後輩であったり、OBであったり、明誠を作り上げてきた人たちが全て仲間を一番に考えてきました。
だから、この部活は上下関係みたいなものも厳しくないし、友達感覚で付き合える関係です。そういった環境を築けたことが、このチームの強みかなと思います。ピッチで戦う選手たちとは直接会えていないですが、携帯では頻繁に連絡を取っています。彼らも「スタンドで応援してくれる選手のためにも」と常々言ってくれているので、僕たちも応援でサポートしてあげたいです。
このチームは何があっても個人ではなく、チームの連帯責任として受け止めて乗り越えてきました。
後輩たちに伝えたいことは、上の学年になるほど背負っていくものが大きくなるし、ピッチで戦う選手はそれを背負って戦っています。また、メンバーから漏れることがあっても、自分ができることは何かを考えながら動ける人間になってほしいです。

太鼓を叩くごとに気持ちを込めて選手に届けたい

桑原颯大

桑原颯大(3年)

3年間、いろいろ苦しいことを乗り越えてきました。そして選手権の舞台に立てることを嬉しく思っています。サッカーができる喜びを、親、コーチ陣に感謝したいです。静岡を代表する以上、応援としても見る人を魅了するものにしたいと思ってきました。
僕は太鼓を叩いているのですが、叩くごとに気持ちを込めて選手に届けたいと思っています。旗をみんなで作ったんですが、ピッチで戦う選手から「ありがとう」と言われました。自分たちもそう言われると気持ちが高ぶりますし、一緒に頑張っていきたいです。

この3年、人間として成長できたと思います

山崎泰誠

山崎泰誠(3年)

選手権という、中学の頃から憧れていた舞台に出られることを嬉しく思います。試合に出られないことは残念ですけど、応援としてチームを支えていきたいです。僕の役割は1、2年生に対して、見本となるような行動をとったり、悩んでいる人がいれば相談に乗ってあげることだと思っています。この3年、サッカーというよりは、普段の行動でたくさん怒られてきました(笑)。でも、そのおかげで人間としても成長できたと思っています。ピッチで戦う選手には、苦しくなったら応援席には仲間がいるので、こっちを向いて頑張ってほしいです。

応援で頑張る姿を後輩にみせてやりたい

半田彪人

半田彪人(3年)

選手権を意識したのは中学生の頃、テレビで見て、憧れの舞台でした。実際に選手権の舞台に来て、迫力であったり、観客の応援であったり、選手たちの想いであったりを、肌で感じることができてとても嬉しいです。応援にまわって、悔しい思いがみんなあると思うのですが、サッカーはチームスポーツなので、一体になることが大事だと思っています。
後輩たちには応援で、自分がどこまで頑張れるかを見せてやりたいです。GKの秋山匠に声をかけた時も「チームのために頑張る」と言ってくれました。本当にチームを大事にする選手なので、絶対やってくれると思います。

後輩たちには僕たちより上を目指してほしい

秋山匠

秋山匠(GK/3年)

みんなが体を張って頑張ってくれたと思います。前半悪かった部分を後半は修正してやれたことは良かったと思いますが、トーナメントなので結果を出せなかったことは悔やまれます。
スタンドで応援してくれた仲間は一緒に戦ってきたので、申し訳ないというよりは、ここまで支えてくれてありがとうって、感謝の気持ちしかないですね。
今までの自分の集大成として選手権に臨み、一試合しかできなかったですが、明誠で培ったビルドアップの部分を今日は出せたと思うので、そこは良かったと思います。
僕らの代は一回戦で負けてしまいましたが、後輩たちには僕たちより上に目標を設定して頑張ってもらいたいです。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る