PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
広島皆実高校(広島県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>広島皆実高校(広島県)

1日でも長く戦いたい。そう思えるメンバーです

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

一人ひとりが選手を後押ししようとする思いが強い

植野拓実

植野拓実(3年)

応援団長は自ら立候補してやっています。少しでも役に立ちたいと思って手を挙げました。僕たちは、一人ひとりが選手を後押ししようとする思いが強いので、どこにも負けない応援ができると思っています。選手権は僕ら3年生が積み上げてきたものの集大成だと思うし、それぞれが懸ける想いも強い。だからこそ、少しでも選手たちに貢献できればと思っています。あと、河野秀汰(DF)とは特に仲が良くて「チームの想いを背負って戦ってくる」と言っていました。ピッチで戦う選手は最高のプレーを見せて欲しいと思います。

メンタルの部分で成長できたと思います

山﨑友輔

山﨑友輔(3年)

普段はフォワードをやっています。3年連続で全国に出場していて、これまでは先輩たちを応援していましたが、今年は自分たちの代なので特にその思いが強いです。同じフォワードの大橋力也(FW)と藤井敦仁(MF)と仲が良くて、彼らにはSNSで普段より長いメッセージを送っておきました。僕個人としては、サッカー部で高校3年間を過ごしてきて、テクニックは上達しましたが、それ以上にメンタルの部分で成長できたと思っています。

サッカーを通じて「考える」ことができるようになった

西康太

西康太(3年)

自分は選手として参加できずに悔しい思いをしていますが、これまで3年間一緒にやってきた仲間が、自分たちの分も戦ってくれると信じています。キャプテンの有働周平君とは同じクラス、同じ学科で過ごしてきて、「俺が西の分も頑張ってくるから」と言ってくれました。その言葉を信じて、応援で後押ししたいと思います。僕は3年間サッカーをやってきて、普段から「考える」ことを身につけることができたと思っています。

「堅守強攻」は広島皆実を良く表している言葉

槇林一輝

槇林一輝(3年)

夏のインターハイでチームが結果を残せなくて、その悔しさを選手権で晴らそうと、みんなが頑張ってきました。秋にチームで合宿をした時に、みんなが思っていることを全て出し合ったんです。そこからチームは一丸となって、今日を迎えています。「堅守強攻」とは、広島皆実を良く表している言葉だと思うし、試合それを発揮してほしいです。僕個人がサッカーをして身についたことは、部活で声を出すことを続けていたら、普段の生活でも自分から意見を出せるようになったと思います。

広島皆実で学んだことを大学でも活かして成長していきたい

有働周平

有働周平(3年)

勝てなかったことは申し訳なく思っています。3年生のみんなと、この集大成の大会で1日でも長く戦いたい。そう思えるメンバーでした。スタンドの声援には勇気付けられたし、感謝しています。西康太とは3年間同じクラスで、お互いに励まし合いながらやってきたので、彼とも1日でも長く戦いたかったです……。次は大学でサッカーを続けるのですが、この悔しさを忘れずに、広島皆実で学んだことを大学でも活かして成長していきたいです。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る