PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
松山北高校(愛媛県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>松山北高校(愛媛県)

2人だけの3年生、稲井君と串部君に心から感謝しています

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

生徒会長と応援団長、喜びとやりがいを感じています

黒田力

黒田力(2年)

松山北は文武両道を掲げる校風で、3年生は主将の稲井雄大君(MF)と串部太一君(FW)以外は受験勉強のため引退しているので、僕が1年前から応援団長をやっています。僕は生徒会長もやっていて、人をまとめることが楽しいので、エコキャップ集めとか、決起集会をたくさん行なったり、みんなで色んな試みをしています。メンバーに選ばれずに悔しい気持ちがあるんですが、チーム一丸となって戦えることに喜びとやりがいを感じています。稲井君と串田君は愛媛県予選でも輝いた2人なので、全国の舞台でも輝きを放ってくれると信じています。

3年生の2人は最後までチームをまとめてくれて感謝しています

近藤佑哉

近藤佑哉(2年)

普段はサイドバックをやっています。自分自身、初めて選手権の舞台に来たので、緊張しています。全国の舞台は愛媛県と比べると全てが違うので戸惑っていますが、松山北の一体感を見せて、どこよりも大きい応援を届けたいです。受験のこともあって、来年の今頃はサッカー部を引退しているかもしれないですけど、その分、全力で出し切りたい。進学校のため、夏のインターハイの後に皆さんが引退していく中、稲井君と串部君は最後まで残ってチームを支えてくれました。友達みたいに接してくれて、心から感謝しています。

来年、僕はこの舞台に選手として立ちたい

門屋駿太郎

門屋駿太郎(2年)

初めての全国大会なんですけど、楽しいことと、不安なことの二つの感情が入り混じっています。でも、「一体感」をテーマにやるべきことをやってきたので、あとは出し切るのみです。文武両道を掲げる高校ですが、僕は来年もこの選手権の舞台に来て、選手としてピッチに立ちたいです。3年生の2人とも、能力は全国レベルだと思うので、彼らを信じて全力で応援したいと思います。

感謝の気持ちを応援に乗せて届けます

土田崚雅

土田崚雅(2年)

全国という舞台に連れてきてくれたみんな、そして先輩の稲井君と串部君の2人に感謝の言葉を伝えたいです。今日は260人の大応援団なので、みんなの感謝の気落ちを応援に乗せて届けます。このチームで、この舞台に来られたことは一生忘れない思い出になると思います。

選手権に来られたなかった3年生、全ての後輩に感謝します

稲井雄大

稲井雄大(3年)

串部君と僕ら2人はできるだけ上下関係を少なくして、いい関係を築くつもりでやってきましたが、後輩たちは少ならからず言いづらい部分もあったと思います。それでも最後まで付いてきてくれて本当に感謝しています。
串部君以外の3年生の仲間は、受験勉強があってこの場には来られなかったけど、全員で応援の寄せ書きをTシャツに書いてくれて、心の支えになりました。
これから受験に向かうみんなへ「勝利」という形で少しでも勇気を与えたかったですけど、それができなくて申し訳ないです。今まで僕ら2人を支えてくれて感謝しています。受験、頑張ってください。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る