PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
前橋育英高校(群馬県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>前橋育英高校(群馬県)

3年間の思い出が詰まった最高のチームです

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

全身全霊の応援を選手に伝え続ける

細山海斗

細山海斗(3年)

選手権はずっと憧れの舞台でした。その場所にこうして立てることに心が奮い立ちます。一回戦でも力を発揮してくれましたが、このチームは3年と2年がうまくまとまっていて、本当にいいチームです。優勝を本気で狙えると思うので、僕らは全身全霊の応援を選手に伝え続けたいと思います。

ピッチのメンバーとともに最後まで戦い続けたい

樋口未祐児

樋口未祐児(3年)

僕はこのチームが大好きです。一番の思い出? はっきり言って全部が思い出なので、一番とか選べないくらい色んな体験ができました。全国の舞台は強豪しかいませんが、そのどんなチームにも勝てるのがこの前橋育英のメンバーです。ピッチの選手とともに最後まで戦い続けたいです。

少数だからこその一体感が、このチームにはある

藤代孝一

藤代孝一(3年)

メンバーから漏れてしまったことは悔しいです。でも切り替えることができたのは、このチームが本当に素晴らしいから。3年間過ごしたサッカー部での出来事は、すごく辛かった雪での練習とかも含めて、その全てが良い思い出になっています。少数だからこその一体感が、このチームにはあります。ピッチで戦うメンバーを信じて応援します。

チームの全てが一体感でまとまっています

黒瀬眞之介

黒瀬眞之介(3年)

とにかく仲が良いのが、このチームの特徴だと思います。スタンドで応援するメンバー、ピッチで戦う選手たちの全てが一体感でまとまっています。最後の選手権となりますが、憧れの舞台に連れてきてくれてありがとう。心の底から応援するので、最後まで戦ってほしいです。

キャプテンとしてみんなのおかげで乗り越えられた

大塚諒

大塚諒(3年)

スタンドで応援してくれるメンバーの声は試合中にずっと聞こえていました。その途切れない声援が、僕らを鼓舞してくれたのは間違いないです。ありがとう。僕がキャプテンになることを、みんなが決めてくれたから、辛いことや苦しいことがあっても乗り越えられてきました。みんなが一体となって戦える、本当に素晴らしいチームです。この最高の仲間とともに、どんなことがあっても最後まで戦い続けます。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る