PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
鹿島学園高校(茨城県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>鹿島学園高校(茨城県)

“鹿島学園として勝つ”その思いは選手も応援団も同じ

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

応援は俺がまとめるから、後はお前たちに託した

西村暢太

西村暢太(3年)

選手権は自分のサッカー人生として目指していた場所です。中学2年の時に鹿島学園のOBの方がコーチとして来てくれて、鹿島学園サッカー部の魅力を教えてくれました。それで入学を決めて3年間を過ごさせてもらいましたが、サッカーの技術以上に、人間として成長できたことに感謝しています。寮での集団生活を通して協調性を学ぶことができました。選手としては選手権に出られませんでしたが、「鹿島学園として勝つ」というベクトルはピッチで戦う選手と同じです。応援団長として盛り上げたいですね。竹内利樹(MF)、木次谷和希(MF)、橋本海(FW)とは特に仲が良くて、「自分だけメンバーに入ってないけど、応援は俺がまとめるから、後はお前たちに託した」と伝えました。そしたらあいつらも「埼スタに行くから最高の応援してくれよ」って言ってくれて…。全力で応援してやりたいです。

「やり遂げることの大事さ」を教えてもらった

新垣陸

新垣陸(3年)

選手権はサッカー人生の集大成と思っています。メンバーから漏れた時はショックでしたが、それから2ヶ月サッカーを続けて一昨日引退しました。指導者の方からは「やり遂げることの大事さ」を教えていただいたので、毎日きつかったですが、やり通すことができました。中学の時から同じチームだった塩野清雅(DF)、荻野稜央(MF)には、これまで色々助けてもらったので、二人を応援することがモチベーションになっています。日本一の応援を送りたいと思います。

「自分はサッカーがしたい」という思いが残りました

高根澤紀智

高根澤紀智(3年)

自分たちは1年の時から選手権を目指してきました。高校サッカーの3年間、長かったようであり、あっという間でした。選手権に向けて段々まとまってきて、「チームで勝つ」という気持ちで、今は一つになりました。メンバーから漏れた時は悔しかったけど、選手権が近づくにつれ「自分はサッカーがしたい」という思いが最後に残りました。それで切り替えられたと思います。全力で応援して、後輩たちの見本になるようなところを見せます。

教師を目指しているので、仲間の大切さを教えていきたい

瀧本柊平

瀧本柊平(3年)

寮生活ではみんな仲良く過ごしてきました。家に帰ると家族がいて心地良いんですけど、仲間と過ごした時間も同じくらい楽しかったです。プレーする選手たち、そして応援する選手たち、みんなの力で茨城県の一番になることができたのが、3年間で最高の思い出です。最高の仲間たちと特別な経験をさせてもらいました。自分は教師を目指しているので、仲間の大切さを教えていけたらと思います。

入場するときに彼らの顔が見えて「頑張ろう」って…

竹内利樹

竹内利樹(3年)

自分としてミスも多くて、初戦としての難しさを感じています。スタンドからの声援はずっと聞こえていました。僕たちの背中を押してくれたと思いますけど、応えることができなかったです……。西村暢太は、関東入りする前にも語り合った仲で、彼らの思いも背負って戦うと誓っていました。入場するときに彼らの顔が見えて「頑張ろう」って思ったんですけど……、悔しいです。最後まで応援してくれて、本当にありがとうございました。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る