PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
創造学園高校(長野県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>創造学園高校(長野県)

全国に創造学園の名を轟かせたい

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

選手権はサッカー人生12年間の集大成

久保敷昇悟

久保敷昇悟(3年)

僕は小学生からサッカーをやっていて、これが12年間の集大成になります。チーム内での競争もありましたが、挨拶や礼儀にしても、創造学園ならではの経験をさせてもらったと思います。主将の藤沢太雅(MF)とは普段から熱く話していて、試合の前日にも「チームのために力の限り走る」と言ってくれたので、彼を信じています。

レギュラーが頑張るから、僕らも頑張れる

小口晃平

小口晃平(3年)

創造学園は一人ひとりがやんちゃで暴れん坊なんで(笑)、全員の元気を一つにして、全国に創造学園の名を轟かせたいです。レギュラーのメンバーの影響もあるんですけど、彼らが頑張るから、僕らも頑張れる。
菅平で3日間合宿をしたことがあって、最初は辛そうで嫌だったけど、みんなで助け合って乗り越えられたことは、すごくいい思い出になっています。創造学園では努力することを学ばせていただきました。ありがとうございました。

選手が走れなくなった時こそ僕らの出番

岩本新

岩本新(3年)

サッカーを3年続けてきて、技術とコミュニケーション能力を伸ばすことができたと思っています。僕ら応援団ができることとして、ピッチで戦う選手が苦しくて走れなくなる時こそ、応援団が力を発揮する必要があると思っています。彼らを後押しできるように、声を枯らしてでも応援したいです。小林航也(FW)とは小学生の頃からサッカーを続けてきた仲なので特別な思いがあります。悔いの残らないように、チーム一丸で戦っていきたいです。

人として当たり前のことができるようになった

貝瀬将哉

貝瀬将哉(3年)

サッカーを3年続けてきて、人として成長できた部分は、当たり前のことができるようになったこと。挨拶とか、実は人として当たり前のことができていないことに気づかされ、創造学園で学ばせていただきました。ピッチで戦う選手は悔いのないように戦ってほしいです。

戦う場所は違うけど、仲間として最後まで頑張ろう

藤沢太雅

藤沢太雅(3年)

ピッチとスタンドで戦う場所は違うけど、3年間一緒にやってきた仲間として最後まで戦っていきたいですね。(団長の久保敷君について)創造学園のサッカー部が強い理由の一つとして、団長の久保敷がいることがあると思います。本当に心強いし、応援団をまとめてくれて感謝しています。長く一緒にサッカーをしていきたいです。

最後まで応援をくれて感謝しています

小林航也

小林航也(3年)

(岩本新君について)小学生の頃から一緒にやってきたんで、彼のためにも点を決めたかったけど、決めきれずに残念です。みんなも最後まで応援をくれたので感謝しています。ありがとう。

後押ししてくれたから、僕も全力で頑張れた

小林純弥

小林純弥(3年)

今年のチームは本当に団結力があると思っています。スタンドで応援してくれるメンバーが声を枯らして後押ししてくれたから、僕も全力で頑張れました。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る