PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
鹿児島城西高校(鹿児島県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>鹿児島城西高校(鹿児島県)

困難をみんなで乗り越えて生まれた団結力

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

仲間たちとのつながりはどこよりも強い

岩切匠真

岩切匠真(3年)

僕の父が小久保悟監督の同級生で、鹿児島城西でサッカーをやっていたそうなんです。その影響で、小学校4年生の時に大迫勇也選手(ケルン)たちの試合を見て、僕も「この学校で選手権に立ちたい」と思いました。今の鹿児島城西は大迫選手がいた時代に比べると弱いかもしれませんが、仲間たちとのつながりはどこよりも強いと思っています。
自分は福島有貴(FW)と小学校からの付き合いで、中学も同じクラブでサッカーをしてきた仲なのですが、僕がヒザの怪我でサッカーが上手くできなくなった時に「お前の分まで俺がやってくる」と言ってくれたんです。その時は嬉しくて、泣いてしまいました。彼から「応援を頼む」と言われたので、最後まで諦めずに頑張りたいと思います。

キャプテンからの長文のLINEに泣きました

瀬野晃平

瀬野晃平(3年)

メンバーに入れなくて悔しい気持ちが強いんですけど、試合に出る仲間からLINEでたくさん勇気付けられて「こいつらの為だったら」と思えるようになりました。
キャプテンの永吉広大(MF)が一番最初に長文のLINEをくれたんです。本当、めっちゃ長文で……。大泣きしてしまいました。キャプテンは本当に熱くて、周りを気遣ってくれて…。最高っす。
3年間を振り返ると、鹿児島城西には毎年夏に恒例の種子島合宿があって、これが本当にきついんです。早朝に走って朝食をめちゃ食べさせられて、走る、サッカー、食べる、の繰り返しで5日間。でもこの試練をみんなで3回乗り越えることができて、今となってはいい思い出でしかありません。みんなに感謝したいです。

地獄の種子島合宿で真の団結力が生まれた

橋口隼人

橋口隼人(3年)

大迫選手の試合を小学校の頃に見てから選手権は憧れの場所でした。今、自分たちの代のメンバーがこうして試合するところを見ると感慨深いです。
5日間で120キロ走る種子島合宿は本当にきつかったです。でも、そこでは学年に関係なく困難を乗り越えることで、真の団結力が生まれます。1年生は先輩に助けられて、3年生は自分たちが後輩を引っ張りました。そういった苦労を通しての選手権なので、心の底からメンバーたちに声援を送りたいですね。

自分たちの代で応援のレパートリーが増えた

藤田航史

藤田航史(3年)

3年生の結束は本当に強くて、そこが去年と今年の違いかと思います。自分たちの代からは応援のレパートリーも増えてパワーアップしているので、そこも全国の人たちに見てほしいです。キャプテンの永吉君からも「任せた」ってメッセージをもらっているので、全力で応援します!

どんな言葉をかければ元気が出るか分かっている

堂園政樹

堂園政樹(3年)

チームにできることをやって、ひとつでも勝ち上がれるように応援したいと思っています。ピッチで戦う選手は普段から接している仲なので、お互いのことが良くわかっています。どんな言葉をかければ元気付けられるかも分かっているつもりなので、しっかりサポートしたいと思います。

鹿児島城西の名に恥じない戦いをしてほしい

尾辻啓斗

尾辻啓斗(3年)

選手権は夢だったので、ピッチに立ちたかったです。県予選が終わり2週間後に発表があったのですが、メンバーに残れなかった時は苦しかったです。試合で戦う選手には鹿児島城西の名に恥じない戦いをしてほしいです。

大きな声援に勇気をもらった

永吉広大

永吉広大(3年)

この3年間、一緒に戦ってきた仲間なので、メンバー発表の後には一人ひとりにLINEでメッセージを送りました。彼らの大きな声援を受けて、勇気をもらいながら戦えました。
夏の種子島合宿は、きつかったですけど、仲間が支えてくれたので、それを試合で返せるようにと思っています。最後の選手権、しっかり恩返しができるように頑張りたいです。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る