PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
正智深谷高校(埼玉県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>正智深谷高校(埼玉県)

「一致団結」というスローガンの元、一丸となって戦う

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

みんなが切磋琢磨して辛いことを乗り越えてきた

小島僚介

小島僚介(3年)

最初はみんなから推されて団長になりましたが、今は責任感を持って率先して応援団をまとめています。正智深谷には「一致団結」というスローガンがあって、ピッチで戦う選手と応援が一丸になって戦う意味合いが込められています。レベルの高いところで、みんなが切磋琢磨して辛いことを乗り越えてきたので、素晴らしい経験ができたと思います。

昌平に勝って選手権に出られたことが嬉しい

高瀬哲平

高瀬哲平(3年)

埼玉県予選では昌平や厳しい相手に勝つことができて、こうして選手権に出られたことが嬉しいです。個人としてはフィジカルを鍛えられたし、気持ちの面でも成長できたと思います。黒沼優貴(DF)と仲が良くて彼はベンチなのですが「もし出場することがあれば頑張ってくれ」と伝えました。やってくれると思います。

人への感謝の気持ちを持つことができた

板井斗馬

板井斗馬(3年)

ずっと憧れていた選手権、メンバーにはしっかりと勝ってほしいです。僕は3年間を寮で過ごしたのですが、人への感謝の気持ちを持つことだったり、成長できた部分は多々あったと思います。正智深谷のまとまった応援というものを全国に見せたいと思います。

「勝負する心」を学べた

比留間優吾

比留間優吾(3年)

憧れの選手権で選手として出られないことは悔しいですが、応援でチームを勝利に導けたらと考えています。3年間サッカー部で過ごして、上下関係や礼儀はもちろんですが、一番は「勝負する心」を学べたことが大きかったと思います。仲間全員に感謝したいです。田村恭志(DF)とは特に仲が良くて「死ぬ気で守ってくる」と言ってくれているので、硬くならずに頑張って欲しいです。僕らは全員で声を出すしかできないんで、声が枯れても最後まで声援を送り続けます。

今のメンバーが本当に大好きです

小山開喜

小山開喜(3年)

「一致団結」して戦えていると思います。今のこのメンバーが本当に大好きなので、一つでも多く試合がしたいです。3年間を振り返って、僕は中学の頃はだらしない生活をしていたのですが、正智深谷に入って「時間厳守」「挨拶」「返事」何から何まで指導していただいたので感謝しています。

僕らの代は誰一人サッカー部を辞めなかった

金子悠野

金子悠野(3年)

僕もレギュラーから外れている時期があって、メンバーに入れない辛さをわかっています。ベンチに入れなかった彼らの分も、試合で僕らが頑張らないといけない。「一致団結」して勝利を目指したいです。自分たちの学年は誰一人サッカー部を辞めていないんです。そこが正智の仲の良さを表していると思います。

仲間を信じて思いやりの心を持つことができた

田村恭志

田村恭志(3年)

(比留間君とは)僕が落ち込んでいる時もギャグで笑わしてくれたりとか、いろんな場面で支えてもらって感謝しています。3年間を振り返ってみると、正智に入るまでは独りよがりなプレーをしていたのですが、「一致団結」の正智サッカーを通して、仲間を信じることや、思いやりの心の持つことができたと思います。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る