PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
滝川第二高校(兵庫県)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>滝川第二高校(兵庫県)

怯まず、驕らず、溌剌と

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

滝二が大好きなので全力で応援したい

宮本啓伍

宮本啓伍(3年)

僕は大舞台で試合に出る機会が少ないんですが、滝二が大好きなので全力で応援したいです。滝二のモットーである「怯まず、驕らず、溌剌と」ができれば絶対に勝てるんで、「胸張ってやってこい」って言っています。県リーグで優勝した時は僕もキャプテンをやっていて、「優勝したい」という気持ちが全員にありました。選手権で戦うメンバーにもその思いがあると思うし、伝わっていると思います。

どんな立場であっても一生懸命になれる先輩のように

山本幸輝

山本幸輝(2年)

選手権のピッチに立ちたい、その思いは強いですね。インターハイも経験しましたが、選手権は雰囲気が違います。3年生とは仲良くさせていただいて、人としても選手としても尊敬しています。僕はBチームで出場する機会が多いんですけど、そのキャプテンの宮本啓伍君には特に感謝しています。県リーグの二部で優勝した時は啓伍君も涙していて心を打たれました。どんな立場であっても一生懸命になれる先輩のような人間になりたいです。今、僕ができることは応援しかないですから、必死に応援します。

3年生が悔いの残らないように

岩谷崚太郎

岩谷崚太郎(2年)

選手権で優勝したいから滝二に進学しました。今年はメンバーに選ばれなかったですが、来年こそは試合に出たいと思います。3年生にとっては最後の大会になりますから、悔いの残らないように全力で応援したいです。

同じ学年の選手の活躍に負けてられない

近藤有悟

近藤有悟(2年)

小学校の先輩が滝二で選手権に出たことに憧れて入学したので、メンバーとして出たかったです。初めての選手権はテレビで見るのと違って、緊張感がすごいですね。同じ学年の選手が試合に出て点を取っているのを見ると負けてられないと思います。

少しでも長く一緒にいたくて必死で応援しました

多田紗弓

多田紗弓(マネージャー/2年)

選手権はテレビで見てきた舞台なので、実際に来ることができてびっくりしています。今回は3年生にとっては最後の大会じゃないですか。だから、少しでも長く一緒にいたくて必死で応援しました。もともとサッカーをしていたんですけど、サポートに回ろうと思ってマネージャーになりました。私は2年から始めたので、3年生は唯一の先輩になるんです。途中でも受け入れてくださったことに感謝しています。教えていただいたことを忘れずに、来年も頑張っていきたいと思います。

滝二での3年間が宝物です

今井悠樹

今井悠樹(3年)

応援団のみんなは必死で応援してくれました。プレーするのは僕たちなのですが、彼らの分も戦いました。宮本啓伍とは3年間仲良くしていて、ずっと一緒にいたんで、勝って応えたかったです。思い出はいっぱいありすぎて…、全てが宝物です。僕をキャプテンとして評価いただいた松岡徹監督には感謝していますし、今後大学に行って活躍することが恩返しになると思っています。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る