PICK UPピックアップ スペシャル

スタンドで戦う12番目の選手たち
東海大仰星高校(大阪府)

無断転載禁止 スタンドで戦う12番目の選手たち<br>東海大仰星高校(大阪府)

チーム仰星として、一丸となって戦う

試合で戦うのはピッチにいる11人だけではない。ベンチはもちろん、スタンドから応援する選手たちも、選手権の舞台でチームが勝つために戦っている。 みんなの心を一つに。今回の選手権が最後となる、3年生はそれぞれ何を想うのか…

改めて選手権は夢みたいな舞台

松丸直樹

松丸直樹(3年)

こうして実際に来て見て、改めて選手権は夢みたいな舞台だと思います。選手として参加したかったことはもちろんですが、試合に出るメンバーのサポートとなれるように頑張るのみです。後輩たちには自分たちが最上級生として、応援する姿を見てほしいです。

仰星は各部活が切磋琢磨できる環境

谷川友椰

谷川友椰(3年)

選手権はテレビでずっと見てきて、いつかこの場に立ちたいと思って過ごしてきました。強豪ひしめく大阪の中を勝ち抜いてきたわけですから、彼らの思いを背負って、ピッチ内でもピッチ外でも我々は頑張らなくてはいけないと思います。普段練習するグランドではラグビーと半分ずつを使って日々練習をしてきたのですが、共に好成績を残すことができました。各部活が切磋琢磨できる環境も仰星の素晴らしいところだと思います。

途中で挫けていれば一生後悔したと思う

武山光樹

武山光樹(3年)

3年間、僕はBチームが多かったですが、トップチームと一緒のグラウンドで練習してきたので、共に切磋琢磨してここまで来られたことが嬉しいです。試合に出たかったし、辛い時期もありましたが、同じ仲間がこんなに頑張っているのに辞めるわけにはいかないと思ってきました。途中で挫けていれば一生後悔したと思うし、仲間に心から感謝しています。

仲間のおかげでここまで来ることができた

蓑輪一樹

蓑輪一樹(3年)

仰星が前回選手権に出場した時に、有名選手がいない中、粘り強く戦う姿を見て「ここでやりたい」と思いました。3年間、辛い時もしんどい時も、この仲間でやれたことが誇りだし、この場に来られて嬉しいです。1年と2年の終わりに二度大きい怪我をしてしまって、サッカーを続けるかを迷った時期もありましたが、仲間のおかげでここまで来ることができました。メンバーを信じて応援し続けます。

ラグビー部に負けない応援をありがとう

松井修二

松井修二(3年)

3年生は最後の大会なので、今大会に懸ける思いが強いです。大学に進学せず、これがサッカーの集大成となるメンバーも多いですから。また、受験勉強も控えている中、応援してくれるメンバーには感謝しかないです。大阪予選ではラグビー部と一緒に応援して一体感を感じることができました。サッカー部も彼らに負けない応援を今大会で届けてくれていますので、それに報いたいですね。チーム仰星として、一丸となって戦うことが僕らの使命だと思っています。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る