PICK UPピックアップ footies!' eye player

選手権大会で輝きを放った
2017年 度有望プレーヤー【GK編】

無断転載禁止 選手権大会で輝きを放った<br>2017年 度有望プレーヤー【GK編】
写真/藤井隆弘、山口賢二朗

2017年U-20W杯、そして2020年東京五輪へ。日本サッカーの未来を担うプレーヤーが躍動した第95回全国高等学校サッカー選手権大会。
1、2年生で大会に出場し、大きな可能性を示した有望プレーヤーをポジション別に紹介する。

GK

長谷川凌 市立船橋高校/2年

長谷川凌
市立船橋高校/2年

堅守市船のゴールを託されたGK

優勝候補の筆頭でもあった市立船橋のゴールマウスを託された2年生GK。原・杉岡というプロ入りする選手を後方から支え、高校No.1ストライカー岩崎悠人擁する京都橘戦では再三のピンチを防いでみせた。続く、前橋育英戦でも安定した守備と抜群の反射神経で最後までゴールを割らせることはなかったが、PK戦で惜しくも敗れた。190cmの大型GKは、プレミアリーグEASTでの活躍で、指揮官の信頼を得ると、そのままスタメンに定着し、堅守市船のゴールを守った。プロ入りした原・杉岡はもういない、来年度の市船の堅守は長谷川の更なる成長に掛かっている。抜群の反射神経とハイボールの強さに磨きをかけ、2017年度の「No.1ゴールキーパー」と呼ばれる日も遠くはない。

宮本一郎 東海大仰星高校/2年

宮本一郎
東海大仰星高校/2年

チームの躍進を支えたワンハンドストッパー

選手権3位に大きく貢献した2年生GK。東海大仰星高校の粘り強い守備を語るうえで彼の存在は外せないだろう。初戦の藤枝明誠戦では決まれば同点という場面でのPKをワンハンドで見事ストップ。三回戦(vs富山第一)でもエース久保佳哉の鋭いシュートを左腕一本でセーブしてみせた。準決勝で青森山田に敗れはしたものの、3位という結果は価値あるものだ。東福岡をはじめとした全国の常連校を相手にゴールを守り抜いた守護神は、2017年度活躍が期待されるGKの一人だ。

北村海チディ 関東第一高校/1年

北村海チデイ
関東第一高校/1年

心身ともに規格外の超新星GK

開幕戦、3年生GK内野将大の負傷により、急きょゴールマウスを任された1年生GK。不安が会場全体を漂う中、並外れた身体能力と正確なキックであっという間に空気を一変させ、全国初勝利に貢献。ナイジェリア人の父と体操選手だった日本人の母の血を引く北村の持ち味は、「カラダのバネ」。身長は173cmとGKとしては決して高い身長ではないが、それを補うだけのバネを持つ。さらに身体能力もさることながら特筆すべき点は、メンタル面にもある。全国大会という大舞台でも物怖じしない精神力はGKにとって必要不可欠な要素だ。今後、経験を積んでいくことでさらなる飛躍が期待できるGKに要注目プレーヤーだ。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る