PICK UPピックアップ footies!' eye player

選手権大会で輝きを放った
2017年 度有望プレーヤー【CB編】

無断転載禁止 選手権大会で輝きを放った<br>2017年 度有望プレーヤー【CB編】
写真/藤井隆弘、山口賢二朗

2017年U-20W杯、そして2020年東京五輪へ。日本サッカーの未来を担うプレーヤーが躍動した第95回全国高等学校サッカー選手権大会。
1、2年生で大会に出場し、大きな可能性を示した有望プレーヤーをポジション別に紹介する。

CB

阿部海大 東福岡高校/2年

阿部海大
東福岡高校/2年

“赤い彗星”のディフェンスリーダー候補筆頭

全国高校サッカー選手権大会優秀選手に名を連ねる“赤い彗星”のディフェンスリーダー候補筆頭。1vs1に強く、高い危機察知を活かしたカバーリングにも定評がある。身体能力が高く182cmの長身を力を活かした空中戦も強い。今大会では主将・児玉慎太郎(3年)と両CBを形成しアンカーのMF鍬先祐弥と共に対戦相手の攻撃陣を徹底的に潰した。初戦の東邦戦は相手のシュートをゼロに抑え、同い年の注目CB・生駒仁を擁する鹿児島城西との3回戦でも前半11分のシュート1本のみに抑え込んだ。GKを含め5人のディフェンス陣のうち4人が卒業する東福岡にあって、阿部には新チームのディフェンスを統率する役割が期待される。

松田陸 前橋育英高校/2年

松田陸
前橋育英高校/2年

躍進前育のディフェンスキーマン

名将・山田耕介が期待を寄せる前橋育英のディフェンスキーマン。上背はないが跳躍力に優れ、空中戦にもめっぽう強い。今大会ではセンターバックとして4試合連続でフル出場し、佐野日大との準決勝戦ではDF後藤田亘輝の体調不良による欠場に伴い、右サイドバックとして先発出場。試合では同い年の左SB・渡邊泰基と共にオーバーラップからクロスを上げ好機を演出し、守っては的確なカバーリングで5試合連続の無失点に貢献した。CBとSBをこなせるユーティリティー性の高さに加え、豊富な運動量で泥仕事も厭わない。決勝こそ青森山田に大量失点を喫したが、選手権で多くの可能性を示した前育のディフェンスキーマンの未来は明るい。

生駒仁 鹿児島城西高校/2年

生駒仁
鹿児島城西高校/2年

185cmの体躯+何でもできる万能性、要注目の大型CB

185cmの体躯を活かした空中戦の強さ、そしてスピードを活かしたカバーリングにも定評のある大型センターバック。Jクラブが熱視線を送る逸材は、選手権でもその存在感を十二分に見せつけた。ハイライトは2回戦の長崎総科大附(長崎)戦。初戦で桐光学園(神奈川)ディフェンス陣を粉砕した大会屈指の攻撃陣を相手に、空中戦で無類の強さを発揮し、完封勝利に大きく貢献した。ロングボールを再三跳ね返し、同い年のU-17日本代表のFW安藤瑞季に対しては球際を潰して攻撃の芽を摘み続ける。攻撃面でも後半のCKでGKと競り合い、そのこぼれ球からのクロスを弾かれても、再度ヘディングで折り返し、好機を演出した。3回戦の王者・東福岡戦では苦渋を味わわされたが、その悔しさを糧に2017年度のナンバーワンCBに名乗りを上げる。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る