PICK UPピックアップ footies!' eye team

全国強豪校REPORT
前橋育英高校(群馬県/私立)

無断転載禁止 全国強豪校REPORT<br>前橋育英高校(群馬県/私立)
文/森田将義、写真/山口賢二朗

流した涙は頂点へのリスタート
悔しさを知る下級生たちのリベンジが始まる

決勝で大敗も収穫は2年生の経験

夏のインターハイ予選はまさかの初戦敗退。「最初の頃はパスさえできなかった」(山田耕介監督)前橋育英高校の選手たちが夏以降、急成長を遂げ、選手権で準優勝を果たしたのは、称賛に価することだろう。実際、山田監督は決勝戦で青森山田高校に敗れた直後に、「一歩ずつ進んでやってきたのだから、胸を張って群馬に帰ろう」と選手に伝えている。一方で、「5−0は忘れてはいけない」とも伝えたように準優勝のあと一歩、先へと進むためには悔しさをバネにするしかない。

結果こそ大敗で終わったものの、手にした収穫も少なくない。一番の収穫は、悔しさを知る選手が今季も残ることだろう。決勝のスタメンのうち6人が2年生。特に4人全員が2年生だったDFラインはリベンジに向けて大きな武器になるはずだ。中でも、大会優秀選手に選ばれたDF松田陸は注目される存在で、元々はサイドハーフの選手だったが、高校に入学してからCBへとコンバート。2年目の昨季は、DFとしては小柄な175cmという身長ながらも跳躍力溢れる競り合いや、俊敏性を活かしたカバーリングで決勝まで無失点で勝ち進んだ堅守を支えた。

流した涙は頂点へのリスタート悔しさを知る下級生たちのリベンジが始まる-前橋育英高校-

課題を一つひとつ取り除いた先に待つのは頂点

攻撃では10番を授かったFW飯島陸が期待される。トーナメントの序盤は、シュートへの積極性を指揮官から指摘されたが、試合を重ねるごとに持ち味である切れ味鋭い動きを披露し、ラストイヤーに期待を抱かせた。「たまたま良い選手が結構いる」と山田監督が口にするように、要所で存在感を示した悠と涼の田部井ツインズなど注目選手は他にも多い。不安要素は、主将のMF大塚諒と長澤昴輝の上級生コンビが占めたボランチだが、ここも2年生ながらエースナンバーである14番を背負ったMF塩澤隼人がいる。選手権の出番は、試合終盤に途中出場した1回戦のみで終わったが、その悔しさを上手くピッチにぶつけることができれば、指揮官の不安は軽減されるはずだ。

決勝戦後の記者会見で、「周りから日本で一番勝負弱いんじゃないかって言われている」と苦笑いした山田監督が「どこかで甘いところがあるんですかね。でも、失敗は1つ1つ取り除いていけばいい。取り除いていっているつもりだけど、まだある。(今回で言えば)2点目3点目を取られないように辛抱するためのメンタル」と続けたように、今回また新たな課題が出たことも収穫だろう。青森山田との一戦も序盤はチャンスを作っていたように、内容は決して悪くなかった。苦しい時間を耐えられるようになれば、悲願の選手権制覇がグッと近づくはずだ。埼玉スタジアムで流した涙を無駄にしないため、今度は笑顔で一年を締めくくるため。前橋育英の挑戦が再び始まる。

流した涙は頂点へのリスタート悔しさを知る下級生たちのリベンジが始まる-前橋育英高校-

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る