PICK UPピックアップ footies!' eye player

飯尾柊太(玉野光南高校1年/FW)
「本気でプロを目指してほしい」
指揮官期待の原石系ストライカー

無断転載禁止 飯尾柊太(玉野光南高校1年/FW)<br> 「本気でプロを目指してほしい」<br>指揮官期待の原石系ストライカー
文・写真/森田将義

「本気でプロを目指してほしい」
指揮官期待の原石系ストライカー

入学前からゴールを奪った期待のFW

179cmの身長は高校に入ってからも成長中。恵まれた身長から見せるしなやかなボール裁きにキラリと光る物を感じる一方で、センスに頼り切るのではなく、前線で泥臭くボールを追いかけることもできる。1試合の中で決定的な仕事をする回数はまだ少なく、ダイヤの原石という表現から抜け出せないが、乙倉健二監督が「将来、本気でプロを目指して欲しい選手」と口にするのも頷ける選手が玉野光南高校のFW飯尾柊太(1年)だ。

中学時代は、MF 青山敏弘(サンフレッチェ広島)らを輩出した岡山県の強豪「ハジャスFC」に所属。当初はボランチやセンターバックを務める守備の選手だったが、中学3年生の時に怪我をしたFWの穴埋めとして前線にコンバートされると、秘めていた得点能力が開花。中国地方の強豪が集う「プログレスリーグ」で得点王に輝き、そのままFWが持ち場となった。高校進学の際には、「ガツガツとプレーしたり、最後の所で頑張るサッカーが好きだった」との理由で玉野光南を選択。「絶対にAチームに入ろうと思っていた」との意気込み通り、入学前の3月に行われたフェスティバルで早々と出場機会を得ると、ゴールを奪い順調なスタートを切った。

飯尾柊太(玉野光南高校1年/FW)

1年目から10番を背負うも、全国の舞台には立てず

入学してからは存在感が更に増していく。乙倉監督からは「絶対的な存在になって欲しかったので、調子が悪くても、スタートで使い続けた」と大きな期待を寄せられ、コンスタントに試合経験を重ねると、インターハイ予選では10番を授かった。「最初は選ばれた時は驚いたし、緊張もした」と振り返る通り、エースナンバーの重圧に耐えきれず本領を発揮するまでには至らなかったが、指揮官の期待は変わらず、冬の選手権予選でも与えられたのは10番。「先輩たちが声をかけてくれるので、緊張しなくなった。気持ちが吹っ切れて、気持ちよくプレーできた」と今度は前線で攻撃を牽引し、決勝進出に貢献した。

しかし、決勝では岡山学芸館高校に2-4で敗れ、選手権出場は果たせず。一度も全国の舞台を踏むことがないまま、ルーキーイヤーを終えることになった。だが、「プレッシャーの速さが今までとはまったく違うし、相手との力の差も大きい。そうした相手に対して、自分がどれだけ通用するか試せたことが収穫。まだまだプレーの速さに頭がついていかず、自分の実力が知れただけだけど、成長できたと思うし、サッカー人生の刺激になった」と口にするように収穫も多く、飛躍のための準備期間だったと言える。2年目を迎える今季は、「自分が中心選手にならなければいけない」と意気込む。プロから注目されるためには、実力の片鱗を見せた1年目以上の活躍が欠かせない。真のエースとして、チームを全国に導く活躍が待たれる。

飯尾柊太(玉野光南高校1年/FW)
Photo:Masayoshi Morita
飯尾柊太 SYUTA IIO 玉野光南高校1年/FW
2000年4月20日生まれ 177cm/66kg 岡山県出身。
「ハジャスFC」に所属した中学3年生の時にFWへコンバートされると、「プログレスリーグ」で得点王を獲得。高校は自宅から自転車で30分ほどの所にある玉野光南高校へと進学。1年目から10番を託されるなど、乙倉健二監督からの期待は大きい。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る