PICK UPピックアップ footies!' eye player

選手権大会で輝きを放った
2017年 度有望プレーヤー【MF編】

無断転載禁止 選手権大会で輝きを放った<br>2017年 度有望プレーヤー【MF編】
写真/藤井隆弘

2017年U-20W杯、そして2020年東京五輪へ。日本サッカーの未来を担うプレーヤーが躍動した第95回全国高等学校サッカー選手権大会。
1、2年生で大会に出場し、大きな可能性を示した有望プレーヤーをポジション別に紹介する。

MF

郷家友太 青森山田高校/2年

郷家友太
青森山田高校/2年

ロングスローで猛威を振るった青森山田の次世代エース

優勝した青森山田にあって、2年生で強烈なインパクトを残した“次世代エース”が郷家だ。決勝までの5試合にフル出場し、ロングスローは大会で猛威を振るった。三回戦、聖和学園戦での先制点、準々決勝、正智深谷戦での2点目、準決勝、東海大仰星戦での決勝点は、いずれも郷家のロングスローから生まれている。もちろん、郷家の強みはこの飛び道具だけではない。二回戦の鵬翔戦では抜群のポジショニングから2得点を挙げ、3人で計14得点を挙げたFW 鳴海彰人、MF 高橋壱晟、MF 嵯峨理久に、2列目からボールを供給し続けた。確かな技術に、無尽蔵の運動量。青森山田の選手権2連覇に、彼は欠かせないピースとなるだろう。

江口稜馬 野洲高校/2年

江口稜馬
野洲高校/2年

もっとも“セクシー”だった2年生ボランチ

エイバルの乾貴士などを輩出した“ドリブラー製造所”セゾンFCから野洲進学という、セクシーエスカレーターを歩むコンダクター。開幕戦の関東一戦ではボランチの位置から攻撃のタクトを振り、自らも前線に絡んで決定機を幾度も演出した。ハイライトは前半の終盤。同じセゾン出身の2年生ドリブラー・高取誠隆にヒールでボールを預け、高取がペナルティエリア付近で3人を引き付けて戻したボールを左足で思いっきり振り抜いた。これは惜しくもバーを直撃しゴールとはならなかったが、その高いスキルとポテンシャルを十二分に発揮したプレーだった。2017年度、このいかにも野洲らしい江口、高取のコンビが、同校の中心となってセクシーフットボールを体現していく。

田中雄大 桐光学園高校/2年

田中雄大
桐光学園高校/2年

ピッチを縦横無尽に駆け回る中盤のダイナモ

執拗なディフェンスから、チャンスとみるや一気に攻撃につなげる。ピッチを縦横無尽に駆け回る中盤のダイナモとして、桐光学園で欠かせない役割を担う。自身も最大のアピールの場と意気込んだ選手権は、優勝候補ながら初戦敗退という憂き目に遭い、大きな見せ場を作ることはできなかった。しかし、長崎総合科学大附戦では、先輩のMF 鳥海芳樹と共に、中盤からの激しいプレスで攻撃の芽を摘み、破たんしかけた桐光ディフェンス陣を救った。後半開始早々には浮足立つ長崎総合科学大附を尻目に、ハーフウェイライン付近から一気にドリブルで切り込み強烈なシュートを放っている。今年は桐光の中心選手として、先輩の果たせなかった夢を引き継ぐ重責を担う。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る