PICK UPピックアップ スペシャル

選手権大会で輝きを放った
2017年度有望プレーヤー【SMF編】

無断転載禁止 選手権大会で輝きを放った<br>2017年度有望プレーヤー【SMF編】
写真/藤井隆弘・山口賢二朗

2017 年U-20W杯、そして2020年東京五輪へ。日本サッカーの未来を担うプレーヤーが躍動した第95回全国高等学校サッカー選手権大会。
1、2年生で大会に出場し、大きな可能性を示した有望プレーヤーをポジション別に紹介する。

SMF

重田快 関東第一高校/2年

重田快
関東第一高校/2年

流れを変えたドリブラーが「初勝利」に貢献

選手権初出場を果たした関東一の、記念すべき「初勝利」を手繰り寄せた。野洲の猛攻をしのいで迎えた後半、重田は左サイドに投入される。局面を打開したい状況下で、重田はいきなり大仕事をやってのけた。サイドへのスルーパスからアタッキンサードに抜け出し、ペナルティーエリア内に侵入。フェイントを交えながら、一気にディフェンダーのギャップを突き、ファウルを誘うことに成功。この貴重なPKをMF冨山大輔(3年)が決めて、関東一は勝利をものにした。「野洲には負けたくなかった」試合後にそう語った重田は、バンデリージャ横浜で技術を磨いた生粋のドリブラー。2年生3人がFW、MF、DFそれぞれ1人ずつ出場した関東一にあって、重田が新チームの攻撃の核となる。「流れを変える」から、「試合を決める」ドリブラーへ。さらなる成長に期待がかかる。

田部井悠 前橋育英/2年

田部井悠
前橋育英/2年

超攻撃的な右ワイドは田部井ブラザーズの兄

今大会で躍進を遂げた前橋育英には、他校も羨むほど2年生のタレントが揃っていた。ポゼッションで支配し、相手を圧倒する前育サッカーの大動脈となる中盤で、唯一2年で全6試合に出場したのが田部井悠だ。足元の技術に優れ、右サイドからガンガン仕掛ける攻撃力が魅力で、正確なクロスだけでなく、いつでもゴールを狙える強力なシュートも彼の武器となっている。ちなみに双子の弟・田部井涼は周囲との連携に優れたボランチで、群馬県高校サッカー新人大会で新チームの主将を務めている。田部井兄弟が中盤の核となる新生前育は、今年も他校にとって脅威となることは間違いない。

福田湧矢 東福岡高校/2年

福田湧矢
東福岡高校/2年

新生・東福岡の10番候補

歴代でも屈指の陣容を誇った今大会の東福岡。3年生が先発のうち9人を占めるなか、大会3試合すべてに2年生として先発出場したのが、DFの阿部海人と右サイドハーフの福田だ。サイドは左右どちらでもこなせ、切れ味鋭い“取られないドリブル”から幾度もチャンスメーク。確かな技術とパスセンスで、大会トップクラスの攻撃陣にアクセントを加えた。今年、王座奪還を誓う東福岡だが、他の強豪校が畏怖した3年生はもういない。赤い彗星の未来は、この福田、阿部、2人の双肩にかかっている。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る