PICK UPピックアップ footies!' eye team

2015近畿総体注目チーム紹介
青森山田高等学校(青森)

無断転載禁止 2015近畿総体注目チーム紹介<br />青森山田高等学校(青森)
文・写真/川端暁彦

今年も剛健。北の雄・青森山田は難関区を抜けられるか?

監督の名前も一字入った「質実剛健」なチームを毎年作ってくるのが北の雄・青森山田だ。寒い地域のチームは総じて総体の暑さに脆さを見せるが、青森山田はむしろ夏に強さを見せるという希有なチームでもある。過去に優勝も一度経験。昨年もベスト4まで勝ち残っており、今回も上位進出が期待される強豪であることに疑問の余地はない。

一方、伝統的にクジ運が悪いことでも知られており、今大会も文句なしの最激戦区に配置されてしまった。シード校とは何だったのかという組み合わせで、いきなり桐光学園と久御山の勝者に当たり、そこで勝ってもなお強敵が待つ流れになることが濃厚。ただ、その難敵を打ち破って勝ち進む、そんな地力は十分にある。

昨年の4強を経験した選手たちが残っているのは心強い。中でもU-18日本代表に選ばれるなど進境著しい2年生守護神の廣末陸と、今年は主将も務める全国屈指のサイドバック北城常幸の存在は大きい。昨年は準レギュラーだった189cmのセンターバック常田克幸も大きく成長してJ1仙台に内定。190cmの近藤瑛佑と二人で中央に「山脈」を築く。ハイボールでこのチームを破るのは至難の業だ。

中盤はスキルと献身性を兼ね備えるMF住永翔や東京Vユースから移籍の10番MF神谷優太らが組み合わさる充実の陣容。特にJ1湘南加入も内定している神谷の存在は大きく、苦しい展開でもセットプレーからの一撃で試合の流れを一変できるのは大きい。

守備の堅さは計算できるレベルなので、あとは要所で点が取れるか。新エースへの期待値は自然と高くなるが、むしろ周りの選手がどこまでやり切れるか。2年生FW鳴海彰人やサイドハーフの三上孝太らが新たな主役に躍り出るか。そこが一つのキーポイントとなりそうだ。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る