PICK UPピックアップ スペシャル

卒業生からのメッセージ
舛田 凱(明徳義塾高校)

無断転載禁止 卒業生からのメッセージ<br>舛田 凱(明徳義塾高校)
写真/山口賢二朗

辛いことも楽しいことも全て自分の財産になる

高校サッカーは自分にとって、辛いことも楽しいことも全てこれからの自分の財産になるものばかりでした。高校サッカーをやっていなかったら、このような経験はしてなかったと思います。

3年連続全国の舞台に出場

高校サッカーといえば、冬の選手権。1年、2年、3年と、3年連続全国の舞台に出場できました。特に3年のとき、全国で準優勝した前橋育英高校と試合ができたことは一番の思い出です。

コーチの練習はキツかったけど強くなれた一番の理由

保護者の方々には、自分たち選手の見えないところでいろいろ支えてくださって、本当に感謝してます。コーチの方は、サッカーのことも、そして他の生活の部分でも、選手ができてない部分にも気を配り時には厳しくしていただき、ありがとございました。
監督には四年間のお世話になり、正直、小松監督じゃないと三年連続全国にいけなかったと思います。それだけでなく、今の自分もいなかったと思います。監督には1番感謝してます。感謝しきれないぐらい。

後輩たちへメッセージ

一、二年の後輩たちは、今は強くはないけど、力が無いわけではありません。何人かには伝えたけど、今の二年生は気持ちの入っていない子が多いと自分は思います。ふてくされてでもやり切る奴は、必ず結果が伴います。やる気のある奴、チームを引っ張れる奴が一人でも増え、明徳義塾サッカー部の底上げをしなければ、今後の明徳のサッカーは結果が出ないと思います。県体優勝、選手権4連覇を目指してやるのであれば、1番にスタッフの言ってる事を素直に受け止め、言われたことを実行する。これをしていけばおのずと結果はついてくると思います。少なくとも、自分が経験したからわかりますが、「言われたことだけをやる」ということは、すごく簡単で難しいです。聞き流すことがよくあると思いますが、言われたことを理解して実行してください。今後の後輩たちの活躍を心より応援しています。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る