PICK UPピックアップ footies!' eye player

We’re Rookies! ~1年生たちの挑戦~
湯澤拓士(星稜高校)

無断転載禁止 We’re Rookies! ~1年生たちの挑戦~<br>湯澤拓士(星稜高校)

選手権で星稜高校を優勝に導きたい

「第95回全国高校サッカー選手権」が終わり、高校サッカーの新シーズンが始まる!そのなかで新たなチームの主軸となるべく、日々研鑽を積む1年生プレーヤーにスポットを当ててみたい。今回は本田圭佑に憧れ、埼玉県から星稜高校へ進学した湯澤拓士君だ。

星稜高校_湯澤拓士
湯澤拓士(1年/MF)

出身クラブ:クマガヤSC
プレーの特徴:球際の強さとヘディングの高さ

本田選手を指導していた監督やコーチに教わりたかった

―星稜高校を選んだ理由は?

「中学は埼玉のクマガヤSCでプレーしていました。本田圭佑選手に憧れて、彼を指導していた監督やコーチに教わりたくて星稜を選びました」

―自分の強みは?

「球際の強さとヘディングの高さだと思っています」

―中学サッカーとの違いは?

「中学と高校ではスピードが違いますし、メンタルの差をすごく感じました。僕は2時間の練習のあとに自主練習をしていて、少しでも自信を得られるように努力しています」

―中学サッカーとの違いは?

「当たりの強さとプレスのスピードの早さです。ちょっと考えるとすぐにボールを取られてしまいます。判断力を上げていかないと高校では通用しない。ワンタッチでの解決策を意識してプレーするようにしています」

高校では特に礼儀を注意するようになりました

―高校に入ってからサッカー以外で努力していることは?

「星稜高校は文武両道を掲げる学校なので、勉強も一生懸命やっています。歴史に興味があるので社会は得意です」

―高校に入って成長したと感じる部分は?

「学校生活では礼儀や挨拶を意識するようになりました。サッカーでは粘り強さや身体を張るところを学んでいます」

―先輩で意識している人はいますか?

「3年生の岡田勇斗(DF)さん、窪田翔(FW)さんに憧れています。練習が終わったら積極的に話しかけて、いろいろ応えてくれて参考になります。例えば窪田さんは打点が高いので、踏み込み方の特徴とかを聞いています」

―今後の目標は?

「2年、3年になって自分がチームの中心となって選手権で優勝に導けるように頑張りたいと思います」

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る