PICK UPピックアップ footies!' eye player

山下勇希(昌平高校2年/MF)
“針谷の7番”を受け継ぐ注目ボランチが躍動
先輩が果たした「高卒でプロ」を目指す

無断転載禁止 山下勇希(昌平高校2年/MF)<br>“針谷の7番”を受け継ぐ注目ボランチが躍動<br>先輩が果たした「高卒でプロ」を目指す
文・写真/吉田太郎

“針谷の7番”を受け継ぐ注目ボランチが躍動
先輩が果たした「高卒でプロ」を目指す

藤島崇之監督も「針谷と違う良さがある」と認める逸材

昨夏、初出場のインターハイでベスト4進出を果たした埼玉の昌平高校。3連覇を狙った東福岡に逆転勝ちするなど、躍進を遂げた同校からはMF針谷岳晃(現磐田)、MF松本泰志(現広島)がプロ入りを勝ち取った。学校の歴史において初のJリーガーとなった2人だが、早くも次のプロ入り候補が出現している。それは針谷の7番を受け継ぐMF山下勇希だ。

昨年、右SHとして全国4強を経験している山下は今年、ボランチとしてプレー。2月の埼玉県新人戦でチームを2連覇へ導いている。先輩の針谷が「アイツは上手い」と評し、藤島崇之監督も「針谷と違う良さがある」と認める逸材は、年初にも関わらず非常にクオリティの高いサッカーを見せた昌平の中盤で、誰よりも存在感を放っていた。

7番の前任者である針谷は、全国レベルの対戦相手でもほぼボールを失わないMFだった。プレッシャーをかけてくる相手を巧みな身のこなしでガードしてボールキープ。するとDFの意表を突くようなキックモーションから、縦パスやスルーパスを通した。そして山下もまた、針谷のようにボールを“隠す”キープから、同じような動作のキックで縦パスを次々と通していく。そして、針谷とは異なる縦への力強い動き。ドリブルやワンツーでペナルティエリアへ割って入り、シュートを打ち込んでいった。

山下勇希(昌平高校2年/MF)

「チームで勝てるのが一番。その次に自分の夢も掴みたい」

攻撃的なボランチという印象の山下だが、危機察知能力や守備力の高さも見逃せない。160cm台と小柄だが、競り合った際にバランスを崩しているのはいつも相手の方だ。「同じ状態で当てたら身体が小さいので負けてしまう。だから先に身体を当てています。対人はそんなに強くないですけれど、読みで取れる感じです。ボランチの位置から取れればカウンターも、組み立てもできるので意識していきたい」

インターハイでのブレイク後、U-19日本代表に初招集されプロ入りも決めた針谷。その姿を隣で見ているからこそ、本人の意識も高まる。「インハイであれだけ(針谷の人生は)変わったので。それを目の当たりにしたので、今年結果を出してチームで勝てるのが一番なんですけど、その次に自分の夢も掴めるようにやっていきたい」

可能性に満ちたMFだが、藤島監督が「針谷と違うのはキック」と指摘するようにキック精度や、判断面などについてはまだ針谷と肩を並べるレベルまで到達していない。それでも「高卒でプロ」を目指すMFは、すぐに改善できなくとも継続して練習していく意気込みをみせる。まずはチームの勝利に貢献して少しでも多くの人に自身を見てもらうこと。そこでアピールして目標の先輩に続く。

山下勇希(昌平高校2年/MF)
山下勇希(昌平高校2年/MF)
Photo:Taro Yoshida
山下勇希 YUKI YAMASHITA 昌平高校/2年
1999年10月28日生まれ 166cm/56kg 埼玉県出身 昨夏、右サイドハーフとしてインターハイベスト4に貢献。今年はボランチとしてプレー。2月の埼玉県新人戦では幾度も好機を演出し、チームを2連覇へと導く。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る