PICK UPピックアップ インタビュー

“怪物”岩崎悠人に聞く高校生活3年間のすべて

無断転載禁止 “怪物”岩崎悠人に聞く高校生活3年間のすべて
取材・文・写真/森田将義

高校No.1ストライカーは何に取り組み、今の高みにのぼりつめたのか?
2年生がズバリ知りたいその内容を、footies!が聞いてきました!
Q&Aで聞く“怪物”岩崎の3年間!これを読めばキミも岩崎になれる(…かも!?) 。

 01 京都橘に入学して成長を感じる部分は?

サッカー選手としてより、人間として成長したと感じることが多かったです。中学まではサッカーだけを頑張っていたのですが、米澤(一成)監督から「全部頑張れ」と言われたので、学校生活や勉強など全てで「誰にも負けない」との思いで3年間頑張りました。

 02 文武両道によってサッカーに活きたことは?

勉強とサッカーの両立は難しかったのですが、二つ両立できたことは自信に繋がりました。また、全てを丁寧にすることで、一つひとつのプレーが丁寧になりましたし、結果を残す所で最後シュートを決めきれるようになったと思います。

 03 FWは高校から?

はい。それまでは中盤でプレーすることが多く、京都橘に来て初めてFWをやりました。味方を使う側から使われる側になり、最初はボールの受け方が分からず、「どうやったら相手が出しやすいか」、「2トップを組む選手と上手くいくか」など考える機会が増えました。

 04 考えてプレーしたことで、得たことは?

1年生の時に組んだ(中野)克哉君は引いてボールを受けて、チャンスを作る選手だったので、自分は背後に抜け出してパスを受けようと決めました。あの時があったから、今のプレースタイルがあると思います。

 05 どんな練習をしてきた?

イメージトレーニングをしたり、ミニゲームでも背後に抜けるタイミングや場所を意識していました。

 06 学年ごとでの成長は?

1年目は結果よりも、周りとどう上手くやるかを常に考えていました。2年目からは、自分がやらなければと思い、フィニッシュにこだわり、シュート練習をたくさんするようになりました。クロスの練習では、しっかり決めきることを意識していました。

 07 高校3年間で気持ちの変化は?

最初は凄い先輩がたくさんいて、「ミスしたらダメ」という緊張感の中でプレーできたことが僕にとってプラスでした。3年生では「自分が決めるだけじゃない、周りを活かしながら点を獲れば良い」と考えるようになり、それが成功した時の喜びは格別でした。

 08 キャプテンを務めて気づいたことは?

1人で背負い込んだ時期もありましたが、みんなに役割を振りながら、チームを上手く回すのが本当に良いキャプテンだと気づきました。

 09 メンタル面以外に成長を感じる部分は?

フィジカルです。土でプレーしてきたので、踏ん張る足腰は強くなったと思います。また、2年生からはピラティス(女性に人気のエクササイズ)をやるようになったので、柔軟性が増したというやるようになったので、柔軟性が増したというか、プレー中に潜り込めるようになりました。

 10 ピラティスの頻度は?

毎週水曜日にチーム全体でピラティスをしていたのですが、それ以外にもトレーナーとテレビ電話を通して行ったり、送 ってもらった動画を参考に取り組んでいました。気づいたらやっている感じで、授業中も上半身を動かしていました。

 11 代表の経験を京都橘にどう伝えた?

海外で感じたこと学んだことを後輩に伝えました。後輩の(輪木)豪太や土井(翔太)ちゃんにはドリブルの仕方を教え、選手権では代表でやっている守備のハメ方をチームメイトと共有し、市立船橋に挑みました。

 12 卒業にあたり、後輩に伝えたいことは?

自分の基準を下げないこと。僕は、3年間「誰にも負けない」との思いでやってきました。すべてトップレベルを突き詰めてやってきたつもりなので、例えばテストでも「80点以上とる!」など自分が決めた基準を下げずに頑張ってほしいです。

 13 米澤監督から教わったことは?

すべてに頑張る気持ちですね。あとは、3年生の最後に言われた言葉が印象的でした。「誰でも頑張れば惜しい所まで行けるけど、結果を残せなければ一緒。そこで何を残せるかで差が出てくる」という言葉です。

 14 選手権から学んだことは?

良いプレーをすれば、人生が変わるということです。僕も1年生時に良いプレーができたから、高校選抜に選ばれました。大きな舞台で活躍すれば、道が広がることを知れた大会です。

 15 全国の後輩たちにメッセージを!

人の2倍、3倍練習してほしいです。それは時間ではなく内容の濃さです。例えばシュート練習でも、誰かが1本打っている間に自分は走って戻って2本打つ。練習内容を人よりも濃くすれば、必ず成長できると思います!

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る