PICK UPピックアップ footies!' eye team

2015近畿総体注目チーム紹介
桐生第一高等学校(群馬)

無断転載禁止 2015近畿総体注目チーム紹介<br>桐生第一高等学校(群馬)
文・写真/川端暁彦

群馬の新鋭、ごんぶと系。桐生第一は雄々しく強く

準々決勝で常磐、準決勝で前橋商、決勝で宿敵・前橋育英と強豪と連戦することになった群馬県予選を失点ゼロで駆け抜けた桐生第一が8年ぶりに高校総体に出場する。

体格的にしっかりとベースのある選手の多い今年の桐生第一は、全体の重厚感もあるハイレベルなチーム。田野豪一監督は「まだまですよ」と謙虚な姿勢を崩さなかったが、要所に好タレントもいる大会のダークホース的存在だ。

中でも注目は双子の滝沢兄弟。ワイドハーフに位置する滝沢和司はスピード豊かにサイドを切り裂くドリブラー。カットインしてのシュートも持っており、1対1ではなかなか止められない。FWやトップ下でプレーする滝沢昴司は大きな体に繊細な技術を備えた眠れる大器。相手を背負ってのプレーに課題も見せるが、前を向いたときに加える迫力からはホンモノの香りが漂う。この二人は大会のブレイク候補だろう。

ほかにも小柄ながら球際でタフに戦えて機動力も抜群のMF井上翔太、中盤で渋い仕事を見せるMF島田祐輔、ダイナミックなプレーが魅力の大型サイドバック金子凌大など、交代で出てくるベンチメンバーを含めて個性の強い選手がそろっており、観ていても面白いチームになっている。

強豪を連破して群馬予選を粘り強く制した地力に偽りがあるはずもなく、あとはプラスアルファを加える個の爆発があるかどうか。個人的にはポテンシャル抜群の滝沢昴司の覚醒に期待しているのだが、果たして……?

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る