PICK UPピックアップ footies!' eye player

阿部海大(東福岡高校3年/DF)
成長を遂げた東福岡のDFリーダー
世界で戦えるセンターバックへ

無断転載禁止 阿部海大(東福岡高校3年/DF)<br>成長を遂げた東福岡のDFリーダー<br>世界で戦えるセンターバックへ
文・写真/吉田太郎

成長を遂げた東福岡のDFリーダー
世界で戦えるセンターバックへ

対人、空中戦の強さでU-18日本代表、日本高校選抜へと駆け上がる

FW安藤瑞季(長崎総科大附)やDF生駒仁(鹿児島城西)、FW高橋大悟(神村学園)、MF福田湧矢(東福岡)ら今年の九州は下級生時から注目されてきた逸材たちの名が並ぶ。彼らは期待通りに成長を遂げて、最高学年の今年、各種大会でレベル高いプレーを披露。対して、1年前はその才能達に先行を許していた印象のCBが今、同等以上とも言える評価を勝ち取っている。

DF阿部海大。大分の街クラブ、スマイス・セレソン出身のDFは東福岡の最終ラインでチャンスを掴み、その対人、空中戦の強さによってチームからの信頼を高めてきた。昨年は夏場を除いてほぼ1年間先発を守り、選手権ではその武器が高校トップレベルであることを証明。準々決勝で敗れたものの、3試合合計で被シュートわずか2、失点1と鉄壁ぶりを発揮した阿部はその後、U-18日本代表、日本高校選抜へと駆け上った。

そのCBは今春、世界相手にも対人の強さが通用することを確認した。日本高校選抜の一員として出場したデュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)では5試合全てに先発。全試合25分ハーフの短期決戦だったとは言え、予選リーグで優勝したザルツブルク(オーストリア)やマインツ(ドイツ)を完封するなど大会を通してわずか1点しか奪われなかった。チームは得点数が伸びずに予選リーグで敗退し、5位に終わったが、阿部は優勝したザルツブルクやリバプール(イングランド)の選手たちを差し置いて大会ベストDFに選出された。

阿部海大(市東福岡高校3年/DF)

過去の栄光を意識せず、あくまで目の前の一勝を目指す

阿部は2月に行われたU-18日本代表のスペイン遠征から帰国後に「対人では地上戦で絶対に負けなかったし、空中戦では最初はやられた部分もあったけれど、コーチ陣からアドバイスをもらったら勝てるようになった」とコメント。日本高校選抜のドイツ遠征では当初、長い芝や硬いピッチに悩まされたが、強豪クラブのアタッカー達に仕事をさせなかった。ポスト役のFWをしっかりと潰し、身体を入れ替えてインターセプトするなどボールを奪い切っていたDFは対人、空中戦の強さ、ボール奪取にまた自信を深めた。今後はスペインでも、ドイツでも課題となったビルドアップを改善して、より世界で戦えるCBになる。

東福岡は一昨年度に全国2冠。昨年度はJリーガー3人を輩出した。だが、阿部は「去年、一昨年を意識していない。自分達は自分達」と言い切る。先輩達を意識するのではなく、自分達がやるべきことを一つひとつクリアしていくこと。代表チームや選抜チームで活躍しても「チームが勝たなければ嬉しくない」と口にするDFは、周りの声に惑わされることなく、目の前の1勝を目指し、また成長を遂げる。

阿部海大(市東福岡高校3年/DF)
Photo:Taro Yoshida
阿部海大 ABE KAITO 東福岡高校3年/DF
1999年9月18日生まれ 184cm/71kg 大分県出身。
2年次から東福岡の最終ラインで先発起用され、選手権でブレイク。最終学年の今年はU-18日本代表と日本高校選抜に選出され、デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)では大会ベストDFに選出される。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る