PICK UPピックアップ インタビュー

SPECIAL INTERVIEW
大久保嘉人(FC東京)「点取り屋の矜持」

無断転載禁止 SPECIAL INTERVIEW<br>大久保嘉人(FC東京)「点取り屋の矜持」
インタビュー・文/編集部 写真/NIKE

FWはとにかく要求すること
俺に出してくれたら決めるから"出せよ"って

大久保嘉人は試合中に何を思い、実行しているのか。「点を獲る」ために、今までいかなる研鑽を積んできたのか。高校生に向けて、J1最多ゴール記録保持者がその貴重な内容を明かしてくれた。

点を取らないとプロにはなれないと思っていた

―ストライカーとしての自覚が芽生えたのはいつぐらいから?
「中学2年生のときですね。国見高校ではト ップ下だったんですけど、“点は俺が取らないといけない”っていう意識はありました。やっぱり、点を取らないとプロには行けないと思っていたし、目立たないとダメだなって。親父に『1%でもプロになれるかもしれないなら懸けてみろ』と言われて国見に送り出されたのもあるし、プロになるためにどうしたらいいかを常に考えていました」
―高校でトップ下を経験したことはストライカーとしてプラスになりましたか?
「ものすごくプラスになりました。トップ下をやったことで周りを使えるようになりました。パスも出せるようになったし、プレースタイルの幅がめっちゃ広がりましたね」
―小学生の頃からゴールを量産していたそうですが、"点を取る"ということに関して、高校生までに努力してきたことは?
「高校では練習が終わってから、シュート練習と1vs1を毎日やっていました。中学生のときは早朝5時に起きて、ドリブルと壁に向かってボールを蹴る練習しかやっていなかったです。練習は全部一人でやっていました。国見は中学から寮生活で、全国からギラギラしたヤツらが集まっていたから、みんなが負けたくない気持ちを持っていました。だから、一緒の部屋でも誰も起こしてくれない(笑)。起きたらそぉーっと出ていく。こそっと窓から出ていくヤツもいたし(笑)」
―同じ練習を繰り返し続けるのは、自分が蹴れる形を作るということですか?
「はい。自分にしみ込ませ、納得いくまでやり続ける。だから小、中、高と練習量は増え続けましたね。ずっと気持ちは一緒です。『負けたくない』それだけです」
―プロに上がってから自主トレの内容や質というのは変わりましたか?
「いや、高校のときから変わってないですね。プロになって変わったのは相手のGKが上手くなったことかな(笑)。慣れたらバンバン入るようになりましたけど(笑)」
―高校年代のうちにやるべきことはありますか?
「高校生のときは走り込んでおいた方がいいですね。これは絶対です。国見高校ではとてつもない距離を走らされましたが、当時は"必要ない"って思っていました。でも、今になって走り込んだことは本当によかったと思うし、やってなかったらここまで走れなかったです。走るのはキツイですけどね(笑)」
大久保嘉人

FWとして集中力は大事だけどDFとの駆け引きを楽しむ必要もある

―FWとしてのメンタルに関しては?
「集中力は大事だと思います。どこにボールが落ちてもいいように準備はしておかないといけないし、予測することはすごく大事です。あとはゴールを決めるために何をしたらいいか、そのためにはどうディフェンスを剥がして、どう動くのか。点を決めるために考えることも重要です。そうしないとなかなか点は取れないし、怖い選手にはなれないと思います」
―常にディフェンスと出し手の両方を見る必要もありますね。
「そうです。ただ、45分間ずっと集中を続けるのはキツイと思うし、心の余裕は必要だと思います。例えば相手DFの表情を見たり、自分が動くことでディフェンスがどう反応するのかといった餌を撒いていきます。そういったディフェンスとの駆け引きを楽しみながら、いざという時に、餌を撒いたときの反応を元に一気にゴール前で勝負するんです」
―高校生ストライカーに向けてメッセージをお願いします。
「FWはとにかく要求すること。俺に出してくれたら決めるから"出せよ"って。例えパサーが出せない状況であっても、自分の存在を分からせてあげることで、出し手はどうすればいいかを考えます。そのためにも自分に絶対的な自信を持つことが重要です。つまり、自分を信じられるために、毎日練習を続けるということです」
大久保嘉人
大久保嘉人 YOSHITO OKUBO
1982年6月9日生まれ、福岡県京都郡出身。170cm /73kg。小学校3年生から本格的にサッカーを始め、国見町立国見中学校を経て、長崎県立国見高等学校では高校三冠に貢献。2001年1月、セレッソ大阪に加入しプロ生活をスタート。スペイン、ドイツと欧州トップリーグを経て、川崎フロンターレに移籍した2013 年、初のリーグ得点王に。翌年から3 年連続得点王に輝くとともに、J1 リーグ通算最多得点記録を更新。今季よりFC東京に移籍した。2度のW杯出場も果たした日本歴代屈指のストライカー。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る