PICK UPピックアップ スペシャル

Bブロック展望
はばたけ世界へ 南東北総体2017

無断転載禁止 Bブロック展望<br>はばたけ世界へ 南東北総体2017
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技大会7月29日(土)からいよいよ開幕!
予選を勝ち抜いた55校が宮城県に集結し、7日間の短期決戦で過酷なトーナメントを争う。頂点に立ちのは果たしてどこの学校か?
大会の行方を4ブロックに分けて展望する。

前回準Vの流経大柏、九州の雄・長崎総附が中心の戦いか?

前回準優勝の流通経済大柏は今大会屈指のCB関川郁万やMF宮本優太、MF菊地泰智ら前回決勝の経験者を残し、激戦区・千葉で3連覇を達成。安定した守備ブロックを中心に昨年逃したあと1勝を狙う。竹中響哉と山田祐樹の両CBを中心とした堅守と伝統の中央突破で勝負の立正大淞南、東北新人戦決勝で青森山田に土をつけるなど攻守に力のある尚志、昨年度選手権4強で今年も勝負強い東海大仰星、湘南内定FW新井光を中心としたパスワークが武器の市立長野、実践学園、鹿島学園など好チームが並ぶが、注目は名将・小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附だ。 U-19代表FW安藤瑞季や“エースキラー”DF嶋中春児ら実力者たちがハードワークを貫くチームは初の頂点を狙う。

注目プレーヤー

年代別代表選手など今年もインターハイには多数の注目株が一堂に会す。ここでは全国から、選りすぐりの逸材をクローズアップ!

安藤瑞季

ゴールへ突き進み、連発するストライカー

長崎総科大附/FW 安藤瑞季

名将・小嶺忠敏監督の指導の下、日々成長を続けるU-19日本代表ストライカー。ト ゥーロン国際大会出場のため、県予選は準々決勝まで欠場したが、準決勝・決勝でいずれも2ゴールを決めてチームを全国へ導いた。飽くなきゴールへの欲求と闘争心、相手DFを弾き飛ばすほどのコンタクトの強さ、柔剛のシュートでゴールを重ねる。

新井 光

早くもプロ入りを決断した逸材アタッカー

市立長野/DF 新井 光

6月20日にJ2湘南への来季加入内定が発表された注目アタッカー。湘南へ練習参加をした際には判断良く前を向けたりした時などにはできる部分が多かったという。足元の技術と状況判断の高さ、そして非常にスピード感の高い動きが特長。昨年は1回戦敗退だっただけに今年はゴール、アシストを連発して1つでも上へ勝ち上がる。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る