PICK UPピックアップ スペシャル

Cブロック展望
はばたけ世界へ 南東北総体2017

無断転載禁止 Cブロック展望<br>はばたけ世界へ 南東北総体2017
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技大会7月29日(土)からいよいよ開幕!
予選を勝ち抜いた55校が宮城県に集結し、7日間の短期決戦で過酷なトーナメントを争う。頂点に立ちのは果たしてどこの学校か?
大会の行方を4ブロックに分けて展望する。

攻守において質が向上している前回覇者・市立船橋が本命!

前回覇者の市立船橋が本命だ。プレミアリーグでは開幕戦から未勝利が続くなど結果が出ていないものの、試合内容は決して悪くなく、攻守において着実に質が向上している。エ ースFW福元友哉が覚醒の兆しを見せ、U-18代表の左SB 杉山弾斗主将や大型GK長谷川凌ら勝負を決める存在も。2年生の台頭もあって選手層は厚く、連覇するだけの力は十分にある。ただし、U-18代表FW高橋大悟やMF田畑拓武を中心に「攻め倒す」サッカーを掲げる神村学園や、昨夏から東京のトーナメント戦を勝ち続けている関東第一、初のプレミアリーグで堅守を発揮している阪南大高、そして広島観音、中京大中京、東海大星翔など激戦区を突破してきた強者たちも虎視眈々と王者撃破と上位進出を見据えている。

注目プレーヤー

年代別代表選手など今年もインターハイには多数の注目株が一堂に会す。ここでは全国から、選りすぐりの逸材をクローズアップ!

杉山弾斗

市船の主将は攻撃参加と左足キックに要注目

市立船橋/DF 杉山弾斗

昨年度日本一の名門・市船の主将は、U-18日本代表などに名を連ねる実力者でもある。左SBの位置から攻め上がりを繰り返し、その左足クロスで決定的なシーンを演出する。全国舞台で決めたことのある直接FKなどプレースキックも強力な武器。1年時から2年連続で夏のファイナリストになっているDFの目標は連覇だけだ。

篠原友哉

関東一の中盤を司る「10番」

関東第一/MF 篠原友哉

昨年度の選手権初出場に続き、全国の切符を掴み取った関東第一の中盤を司るユーティリティプレーヤー。2年生として2試合フル出場を果たした選手権では「自分の力のなさを痛感した」と語っていたが、今シーズンから10番を背負い「関東一を最後に勝ち切れるチームにする」という強い思いを持って、チーム最高成績の4強以上を目指す。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る