PICK UPピックアップ スペシャル

Dブロック展望
はばたけ世界へ 南東北総体2017

無断転載禁止 Dブロック展望<br>はばたけ世界へ 南東北総体2017
トーナメント クリックすると画像が表示されます。
トーナメント クリックすると画像が表示されます。

「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技大会7月29日(土)からいよいよ開幕!
予選を勝ち抜いた55校が宮城県に集結し、7日間の短期決戦で過酷なトーナメントを争う。頂点に立ちのは果たしてどこの学校か?
大会の行方を4ブロックに分けて展望する。

昌平を筆頭に、静岡学園、星稜など有力校がひしめき合う

昨年、初出場ながら東福岡などを連破して4強入りし、旋風を巻き起こした昌平が有力だ。注目ボランチMF山下勇希や FW佐相壱明、MF古川勇輝らが中央、サイドから相手の守りを切り崩す攻撃は質が高い。また、昨年からGK緑川光希や4バ ックのうち3枚を残すなど経験値も大きな武器になりそうだ。昨年8強の静岡学園はエースMF渡井理己やFW伊藤稜馬ら例年以上にドリブルで仕掛けられる選手が多く、多彩な攻撃は今年も必見。CB敷田唯らが際の部分で強さを発揮する伝統校・星稜、開催地第1代表の仙台育英の戦いぶりにも注目だ。そのほか、注目MF池平直樹擁する岡山学芸館や、ケガで欠場する千葉内定MF本田功輝の分も戦う四学香川西、日大藤沢、帝京第三なども上位を伺う。

注目プレーヤー

年代別代表選手など今年もインターハイには多数の注目株が一堂に会す。ここでは全国から、選りすぐりの逸材をクローズアップ!

山下勇希

昌平の「7番」が再び旋風を巻き起こす

昌平/MF 山下勇希

背番号「7番」の前任者である針谷岳晃(現磐田)の系譜を継ぐ、ボールキープ力に優れた技巧派MF。160cm台と小柄ながら競り合いにも強く、ボランチの位置から針を通すような縦パスを次々と通す。昨年度のインターハイでのブレイクをきっかけにプロ入りを決めた針谷に続けと、昌平の7番が今大会でも旋風を巻き起こすか。

高木慎也

香川発、注目の万能型ストライカー

香川西/FW 高木慎也

U-20日本代表候補MF高木彰人(G大阪)を兄に持つストライカー。G大阪ジュニアユース出身でU-16日本代表にも選出された経験を持つ。クロスを1タッチでゴールへ沈める上手さが特長だが、今シーズンは1vs1でDFを振り切ってフィニッシュできる力強さが加わった。インターハイの舞台で全国の強豪からゴールを連発することができるか?

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る