PICK UPピックアップ footies!' eye player

安松元気(日本大学藤沢高等学校3年/DF)
高校総体準優勝の立役者 強い気持ちでチームを鼓舞

無断転載禁止 安松元気(日本大学藤沢高等学校3年/DF)<br>高校総体準優勝の立役者 強い気持ちでチームを鼓舞
文・写真/吉田太郎

高校総体準優勝の立役者
強い気持ちでチームを鼓舞

主将としての責任感とゴールを守る執着心がチームを勢い付けた

日大藤沢は神奈川2位でのインターハイ出場ながら、過去最高成績のベスト8を越えてファイナリストにまで上り詰めた。流経大柏との決勝では試合終了間際の失点によって0-1で敗れたものの、前回3位の昌平、前回優勝の市立船橋と優勝候補を撃破して堂々の準優勝。FW柏木純、FW桐蒼太、FW比留間輝の3トップの推進力を活かしたダイナミックな攻撃と、6試合で計4失点の堅守が印象的だったチームの中心にいたのが、キャプテンマークを巻いたCB安松元気だった。

自身も認める通り、上手な選手ではないかもしれない。だが、市立船橋も、全国制覇した流経大柏も桜色の壁を容易に突破することはできなかった。「競り合いやハードワーク、最後のところで気持ちを出してブロックしたり、キャプテンですから自分がそういうところを見せられれば、周りの人も乗っかってくれるなと思ってやっています」というCBはその守備で日大藤沢を勢い付けていた。

登録178cmと特別身長が高い訳ではない。だが、優れた身体能力と予測力を持つCBは相手よりも早く落下地点に入り、確実にヘディングで跳ね返していた。もちろん、身長が高い方がヘディングは有利というのが一般的な見方。それでも、「ヘディングは小さくてもタイミングとかで補える。後ろだったらそれはしなければいけない」という安松はDFとしてゴールを守るという責任感も合わせて、執着心を持ってボールに食らいつき、相手に競り勝っていた。

安松元気

県2位から全国2位へ躍進。次なる目標は選手権での日本一

そしてスペースへのボールにもいち早く反応して対応。自分が全て跳ね返すという心構えを体現するような守りを見せていたDFは、全国トップクラスのFWにも堂々と渡り合っていた。彼が堅守をベースに勝ち上がった日大藤沢の原動力となっていたことは間違いない。

意識していたのは全員で守ること、そして一本一本を大切にすること。神奈川県予選初戦(対川和)で3失点し、何度もビデオを見返して「一つのプレーでもサボったら駄目ですし、守備はチーム全員でやっていかない」と徹底した。特に全国では一つのミスが命取りとなるだけに、チームの集中力を切らさないように後ろから声で鼓舞。自身も一つのプレーを疎かにせず、一本一本集中して守っていたDFは、インターハイの大会優秀選手にも選出された。

準決勝で試合終了1分前に投入されたMF菊地大智が同点ミドルを叩き込むなど毎試合異なるヒーローが現れたチームは、前評判を覆して全国2位。次の目標は日本一だ。その目標を達成するために、自信をつけた夏から個人、チームでさらに成長して冬の選手権に臨む。

安松元気
安松元気
Photo:Taro Yoshida
安松元気 YASUMATSU GENKI 日大藤沢高等学校3年/DF
1999年10月4日生まれ 178cm/70kg。
今年の全国高校総体で優勝候補を連破し、準優勝となった日大藤沢高の主将を務める。ハードワークを信条とし、空中戦でも強さを発揮し、チームのディフェンス陣を統率した。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る