PICK UPピックアップ footies!' eye team

[近畿総体2015]攻撃自慢の草津東が4得点圧勝。注目のMF山本悠樹が2得点1アシスト

無断転載禁止 [近畿総体2015]攻撃自慢の草津東が4得点圧勝。注目のMF山本悠樹が2得点1アシスト
文・写真/川端暁彦

総体1回戦、草津東が4-1と名門・盛岡商を圧倒した。

2015年8月3日10:00 みきぼうパークひょうご第1球技場

草津東
(滋賀)
4-1
盛岡商業
(岩手)

草津東・小林茂樹監督が「スタートは相手のペースだった」と言い、MF山本悠樹が「最初のほうは僕の頭の上をボールが行っていたと苦笑いを浮かべたように、序盤は積極的にロングボールを蹴り込んでいく盛岡商のスタイルが押し出される形の展開。この勢いに草津東も付き合ってしまった部分があり、上空をボールが行き交う試合となった。

ただ、そんな流れを草津東の10番が止める。11分MF犬飼廉のパスを受けた山本悠が中央をドリブルで進出。右足をコンパクトに振って放ったミドルシュートが見事にゴールネットを揺らし、これで試合の流れはガラリと変わることとなった。

ここからは本来のコンパクトな布陣からしっかりボールをつなぎ、サイドのスペースでは個人が果敢に勝負していく草津東らしさが随所に出るように。中心になったのは、山本悠。「彼を起点に攻撃のスイッチが入る」(山本)幅の広い攻めは盛岡商の対応能力を確実に上回っていた。32分には山本悠のCKからファーで待っていたDF宮迫晶矢が豪快に頭で決めて、2-0。相手の士気を落とすには十分なゴールとなった。

後半開始早々に山本悠がPKを沈めて3-0とし、さらに62分にはMF鎌田麓が追加点。盛岡商もMF日下奈樹が決めて一矢報いたものの、反撃としては遅すぎた。結局、試合はこのまま終了。4-1と快勝した草津東が2回戦へと駒を進めた。

小林監督は試合後、「キャプテンのMF山本琢真が体を張って要所をおさえてくれたのも大きかった」と讃えた上で、「まず1対1でキチッと対応するというやってきたことを出してくれた」と守備陣も称賛。「どんな相手にも3点、4点を取るくらいの力はある」(同監督)と自認する攻撃に比して、不安要素と見られていた守備に一定のメドが立ったことに手応えを感じた様子だった。

私撰MOMMF山本悠樹(草津東/3年)

ボールタッチでリズムを変えて、自在のパスワークで攻撃陣を操り、ミドルシュートで点まで決めて、なおかつCKでアシストも記録。文句なしの選出。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る